雪国と印刷会社

先週は記録的な大寒波。
毎朝の除雪で日に日に疲れが溜まっていきます。
雪国の生産性は一気に落ちます。
知り合いの会社では、半日社員総出で除雪をしているところもありましたし、
午後から休業にしたところもありました。
 
そこで、ふと思いました。
除雪をしている社員はお金を稼いでいません。
除雪は専門業者に任せて
社員は仕事をした方が良いのではないか。
普段力仕事をしているわけではないので
体力への負担も相当だと思います。
除雪業者に支払う金額より多く稼いでくれれば
そちらの方が効率はいいはずです。
 
もし、除雪業者に支払う金額より稼げないのであれば
その会社は今後の存在が危ぶまれます。
社員が多くの時間を除雪に費やしても仕事に支障がないのは
普段除雪をしていない時間は生産性がないのではないかと思います。
  
除雪の時間があるのなら仕事を取って来た方が良く
お客様のためになることをした方が良いと思います。
どちらにしても雪国は除雪という大きなロスを抱えています。
それを克服したければ雪の降らない地域で仕事をするのがベターです。
 
雪国で印刷会社で働く理由はなんでしょう。
単純にデメリットよりメリットが優っているからです。
降雪より素晴らしいことが多いからです。
満員電車に乗らなくて良いとか。
仕事に追われていないとか。
気分的な問題かもしれません。
 
仕事をする環境としては雪も含め自然に触れられる。
自然景観が豊富でやる気が起きやすいかもしれません。
白銀の世界って見た目は綺麗ですからね。
ビルに囲まれたオフィスで仕事に追われてもいいことはありません。
せめて景観の良いところで仕事をしたいものです。
 
雪国だからって仕事ができないと悲観することはありませんよ。
ニューヨークだって雪は降ります。 
 
じゃあ.

提案営業って

新年会が続いています。
忘年会より新年会の方が多いですね。
公的な会は忘年会ではなく新年会が多いですね。
 
先日、有志でもある異業種の新年会で情報交換ができました。
日頃から経営者のみなさんたちは、試行錯誤をしながら
経営に努めていられます。
 
いろいろなお話の中で、本当に大変な時は
誰にも相談できず孤独だということで共鳴しました。
人に相談してもどうにもならないことはありますからね。
メンタルが鍛えられますね。
 
みなさん辛かった過去をふと話してくれました。
それでどうなる訳ではないのですが、
明日の励みになればいいのではないでしょうか。
ちょくちょく会うわけではないので内容が濃いです。
 
気の合うメンバーと飲む会もいいのですが、
いろいろな会に参加していろいろな情報を得る方が有益です。
目的は同じでも違う考えがあるのか。と勉強になります。
また、業界が違ったりすると知らない情報も得られます。
情報は得るだけでは何も起きず整理してどう使うかが大事です。
 
印刷会社こそいろいろな会社と取り引きがあります。
いろいろな業界から情報を得られます。
その情報と今までの経験を整理すれば
提案営業をすることができるのではないでしょうか。
ただ情報を伝えるのではなく、
小さいことでいいので企画に持っていきましょう。
 
まだまだ新年会は続きます。
 
じゃあ.

印刷会社だけでなく再編成は起こって行く

とある新年会で金融機関の方が挨拶をされたそうです。
印刷業界は苦戦をしているが金融業界は
もっと苦戦していると話をされたそうです。
ちなみに私はその新年会には出席していません。
 
建設関係は忙しいようですね。
ただそれが人手不足で忙しいのかとも思います。
 
金融機関のITインフラが整備され
パソコンのブラウザから金融機関それぞれの支店窓口に行かず
お金を動かせるようになりました。
集金や支払いに移動せず手間が省けます。
文盛堂のような少ない人数で経営をしている会社では
金融機関に行く回数が減りすごく便利と感じます。
 
ある程度の買い物もクレジットカードで支払います。
書籍や雑誌1冊でもカードで支払いますし、
ネットショッピングもカードで支払います。
 
最近は現金を見ることがほとんどなくなりました。
多くのお金を財布に入れておく必要がありません。
さらに今後はビットコイン(仮想通貨)に移っていくのでしょうか。
 
まだ先のことかもしれませんが、
政府発行の貨幣並みにビットコインが流通すれば、
ビットコインを扱っていない金融機関にはビットコインの用事がありません。
またクレジットカードもビットコインを扱えないのであれば
そのクレジトカードは不要です。
現在は投資対象になっているようですが、
今後どう流通するか気になるところです。
 
またビットコインで企業が設備投資のため金融機関から多額の融資を受けるようにするには
どこからビットコインの融資を受けるのでしょうかね。
その辺も克服して行くのでしょうか。気になるところです。
 
数値に置き換えることができるということはデジタル化です。
デジタル化が進んでいるところは再編成が起きているのでしょう。
どちらかといえばモノを作るとか運ぶとかはデジタルにできません。
ロボットが活躍してくれていますがアナログです。
その裏方の伝票とかお金とか書類作成の部分がデジタル化しているのです。
デジタル化できるものは流通から製作から人手がかからなくなります。
 
印刷会社はデジタル化の真っ只中にいると思っていましたが、
産業革命に関わった世界中の業界がデジタル化が整っています。
 
印刷会社はデジタル化を終え遅れている業界になりつつあります。
その辺を理解し進んで行かないと大変なことになり兼ねます。
悩める時代ですがそれを楽しんで行かないといけませんね。
課題があるだけ良いのです。
課題がなくなったら…。困りますね。
 
じゃあ.

印刷会社は意見を持とう

意見のある人と意見のない人。
意見のない人が圧倒的に多いです。
 
SNSはリア充とか言われているけど意見を発する場と思う。
意見のある人ってSNSを上手く利用していますね。
最近そんなことが気になりました。
 
意見を持たない人は、意見を持っていないのではなくて、
そのことについて何も考えていないのではないでしょうか。
そうなると時代に流されるままになります。
もっというと時代の流れについていけず取り残されます。
 
プライドだけが高くて意見を出せない。
こういう人もいます。
イコール行動が取れない。
否定されるのを避けて変化を恐れる。
これも時代の流れに取り残されます。
一番タチが悪いかもしれません。
 
そうならないためにも普段から
意見を持っていないといけません。
「これってどうなのよ?」と意見を持ちましょう。
いつどうなるかわからない時代です。
自分の思考だけが頼りになるんじゃないでしょうか。
 
印刷会社もペーパーレストを叫ばれ早数年。
何も考えず意見を持たず流されるまま。
放置プレイ。
 
印刷会社からは、紙は無くならないと信じている意見が多いですね。
確かに無くなりはしませんが確実に減ります。
印刷物を納めていて、
「これは将来、紙でなくデジタルになるな」と思うものが多々あります。
さて、それをどうするか。
印刷会社のテーマですね。
 
じゃあ.

時代は流れるよ

プレゼントを身内から2件もらいました。
ありがとうございます。
全てユニクロ商品。。。
衣類所持率のユニクロが上がっています。
普段着ならユニクロで十分すぎます。
 
プレゼント
 
食事などは近所のコンビニ(セブンイレブン)をよく利用します。
ユニクロとコンビニがあれば普通の方の用は済みます。
しかし疑問が出て来ますね。
日本中、決まったお店しか残らないのではないか。
これでいいのだろうか。。。
 
私は一般ピーポー。点数をつけると50点。
この層が疑問を持ったら、世間が疑問を持つと考えてもいいでしょう。
疑問を持ち意見が出ると思考から行動になり
時代が変わっていくんでしょうね。
 
今や情報共有がどこにいてもできますからね。
同じ疑問を持った人が一気に膨れ上がります。
時代の移り変わりがネットがない時代より早くなるでしょう。
それが今なんですね。
 
じゃあ.