何の波だ

国会が騒がしいです。
財務省がどうなるかが一番気になるところ。
もしかして?!が起こるのかな?が、関心どころです。
 
現代の日本でサラリーマンは会社と法律に守られています。
給料がゼロになることはありません。違法ですから。
終身雇用制度や福利厚生、
そして住民税、年金、保険のお金の管理も職場がやってくれます。
しかし、そんなことはいずれ崩壊するでしょう。
(勝手な判断ですが)

日本は、一億総中流になりました。
ほとんどの人が字の読み書きができ、
算数だってできます。
そしてインターネットにつながれます。
ITのインフラが整って来ました。

もうお気付きだと思いますが、
あとは既得権益に踏み込めれば、
わざわざ出先機関へ出向かなくても
安く個人の能力でいろいろと管理ができます。
選挙の投票だってネットでできるはず。
 
グローバル化も進み金融機関はいち早く自由化の波が訪れました。
もう世界の自由化の波は止まりませんね。

誰が既得権益を外して自由化になると得をするのでしょう。
そう、既得権益のない、私たち一般の人です。

それもこれも個人の情報発信が世界の裏側まで
届くようになったのからではないかと思います。
「炎上」なんてあまり好ましくないのですが、
一般の人たちが意見を伝えることができるのです。
(とても意見と言えない情報発信もありますが)
 
今後、総務的な仕事が個人でこなさなければならないかもしれませんよ。
そうなると代理業、代行業が自ずと出てくるでしょう。
自分がしっかりしないといけない時代ですね。
 
ワープロやパソコンが家庭や事務所に入って来た時も
手書きの方が楽だったと思っていましたが、
今ではなくてはならないものですね。
クラウドも発達してデジタルの方が管理が楽なんですね。
 
自由の裏に責任は付いて来ます。
 
じゃあ.