猛暑酷暑、なんざんしょ!?

暑い日が続きます。
この夏は40度超えの地域がいくつか出ましたね。
調べてみると暑い国のイメージのオーストラリアより暑いです。
オーストラリアは30度を超えることがないようですが暑いイメージがあるのは
四季の移り変わりがないからでしょう。
ロサンゼルスも同じ感じですね。
過ごしやすいんでしょうね。
 
世界は広く中近東のドバイなんかは
夏の最高気温が45度以上とかちょくちょくあるようですね。
恐ろしい。
 
冬季の平均気温が上がるのは雪害が減りいいのですが、
夏季の平均気温が上がると死活問題になります。
ホント今年は大変です。
上手く夏を乗り切りましょう。
 
印刷会社は空調が効いているので
過ごしやすいです。
印刷技術も上がり機械が精密になりましたので、
空調が整備されていない印刷会社は少ないと思います。
公共施設は、いまだに冷房28度設定なのかな?
暑くて倒れます。
涼みに行くには印刷会社はベターかもしれません。
 
しかし、2Fの制作は暑いです。
今年の夏は空調が追いつきません。
朝晩はいいのですが、
日中は暑いです…。
どの会社も2階以上は構造上、暑いのではないでしょうか。
温暖化が確実に進んでいますから
次のエアコン交換でパワーのあるものに変更しなければいけません。
  
エアコンですが、暑くなってからだと購入設置や修理は追いつきません。
壊れてからでは遅いのです。
作業が1週間後です。なんて言われても
普通の人は40度近い気温で仕事はできませんし、過ごせません。
機械やコンピュータは壊れてしまいます。
それこそ死活問題になりますので壊れる前に交換です。
自動車だって走行中に、
ウンともスンとも言わなくなってから交換しませんよね。
しかし、壊れるタイミングがわからないのが電化製品なんですね。
 
ネットインフラも整備されたので、
夏は軽井沢のような避暑地で制作し、冬は雪の降らない地域で制作できれば
効率いいでしょうね。
印刷機の方は簡単に移動できないので諦めましょう。
 
じゃあ.
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください