バーチャル: 仮想

新しいMacBook AirやMac mini、iPad proが発表されたました。
そんな中、Windowsマシーンを廃棄してMacのBootCampに
Windowsをインストールしたのですがこれが大変でした。
 
Macのハードディスクにパーティションを作りインストールを試みたのですが、
何度も失敗しパーティションを作れませんでした。
 
いろいろググってみるとBootCampパーティションを
手動でフォーマットしなければならないことを知り、
なんとかWindowsをインストールできました。
 
ここからがまた一苦労。
以前に単体購入したWindows8.1をMacにインストールできたはいいが、
PCでの認証が弾かれます。
電話認証は直接サポートには繋がらず音声で63桁のインストールIDを入力した後、マイクロソフトに電話がつながるシステムです。
やっと入力を終えた後の電話が時間外だったり混み合って繋がらない……。

そんなことの繰り返しで知恵がつきました。
サポート開始の9時ジャストを目がけ電話で認証を行います。
やっとマイクロソフトの人間と電話で話すことができました。
パソコンを廃棄し新たに移植する説明。
認証IDを口頭で教えてもらい無事、認証成功!
 
その後、仮想環境のソフトを入れMacと同時にWinを使えることになりました。
すごく便利なんですが意外とWinって使うことがないのです。
ワード、エクセル、パワポもoffice365でMac版を使っていますしね。
 
あえて言うなら製作したホームページを
InternetExploreや他Win環境のブラウザでの
閲覧試験がMac内できることでしょうか。
 
なのでホームページの仕事もガシガシこなしますので
よろしくお願いいたします。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください