年賀状印刷の状況から

年賀状印刷の注文が年々減っています。
今年も年賀状印刷の注文は例外ではなさそう。
実際、苦戦しています。
 
原因としては……

  • インターネットの普及により連絡手段がSNSなどに移って来ている。
  • パソコンとプリンターを使い自宅で印刷をする。
  • 年賀状印刷を扱う業者が印刷会社だけではなく、
    コンビニやスーパー、郵便局など多くの競争相手の出現。
  • 地域外からインターネットで注文を受けるところがある。
  • 根本的な年賀状離れ。

こんなところでしょうか。
 
2019年お年玉付き年賀状ハガキの発行数は24億21.2万枚、
対前年比92.8%と減っています。

https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/00_honsha/0830_02_01.pdf

日本郵政

時代の変化を毎年12月に感じています。
外的要因を変化させることはなかなか難しいので、
時代の流れに身を任せ、次の波に乗るのが賢明です。
って言うのは簡単です!

……。で、次の波ってなに?

それがわかっていれば印刷会社はこんなに苦労をしません。
文盛堂は、もっと儲かっていいはずです。

さて、次の波がわからない場合はどうする。
そう目の前の仕事に専念することです。
印刷業に専念するのです。
それで突き進むのです。

最近、流行りの「アウトプット」です。

じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください