ToDo手帳

相変わらず手帳をどうしようか迷っています。
今まで通りシステム手帳でも良いのですが、
しっくりきていないのが事実です。
スケジュールはiPhoneのカレンダーで管理しています。
文盛堂のMacと同期しているのでベターです。
 
システム手帳のリフィル(中身)は無地と罫紙だけです。
ToDoを書けるリフィルが欲しいところです。
 
「そうだ印刷屋だった!」
以前使ったことのある「ほぼ日手帳」のカバーがあります。
1日1ページの「ほぼ日手帳」の中身は私にとって使いづらかったので
1年使って継続購入はしませんでした。
カバーだけ取ってありました。
カバーだけでも買えば2千円近くするので再利用。
中身のToDo手帳を印刷製本しました。

文盛堂ToDo手帳

文盛堂オリジナルToDo手帳!
 
仕事をする日だけしか使わないので日付と曜日は左上に記入します。
もちろんプライベートで使うのも良いでしょう。
また、下の2/3くらいはメモ書き用です。
手帳が閉じないような製本加工してあるので、常に机の上に開いて置けます。
思い付いたアイディアを逃さず書けます。
後ろの数十ページはメモではなく本格的に書き込む時用に無地ページにしました。
意外と厚いノートが閉じないことってポイントで、
文盛堂のアイディアが隠れています。
  
普段、重要なToDoってそんなに多くありません。5つくらいあれば事足ります。
どうしても多くのToDoがある場合は見開きで使うのも良いでしょう。
 
出かける時は閉じてカバンに入れます。
完璧ですね。
 
ちょっと待った!
 
今、メインで使っシステム手帳が不要なんじゃない?
このToDo手帳のみで用が足りるかも。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください