雑草魂と寡黙

暖かい日が続きます。
2月ですが雑草が生えてきました。

雑草が生えてきた

写真の通り雪はもうありません。
 
「雑草魂」とう言葉があります。
メジャーリーグで活躍した上原投手に使われていました。
高校時代では控えピッチャー、大学は浪人で夜間アルバイトしながら受験。
大学から読売巨人軍、ジャイアンツに入団しメジャーまで行きました。

当時流行語にもなったと記憶しています。 
「環境が悪くても諦めずに向かっていく姿勢」とでも言うのでしょうね。
 
ロッキー4も雑草魂を感じさせる映画です。
ソ連のハイテクトレーニングを積んだドラゴ、山で寡黙(かもく)にトレーニングするロッキー。
そんな対戦は感動を呼びました。
 
しかし、事務的に言えば結果です。
上原投手はメジャーまで駆け上り、ロッキーは勝ちました。
この結果がなかったら脚光を浴びず、ひっそりと去っていったでしょう。
 
環境が整っていようが、整っていまいが結果を呼び込むことが大事です。
まあ結果が出ないにしても、それなりで業界に残っていられればヨシです。
 
仕事で言えばすごく評判の良い人や会社でも、
業界に残っていられなく、またなくなってしまえば何もなりません。
評判だけが良くても何にもなりません。
 
そう言う人、そう言う会社をたくさん見てきました。
見た目だけの人は信用していません。
雑草魂とは関係ないかw
 
雑草魂って誰でも持とうと思えば持てるのでしょうか?
逆成り金のような佇まいにすれば良いだけ?
雑草魂を持ちたいです!となると話しは違いますよね。
逆境に立ち向かう姿が雑草魂なのです。
 
でもみんな成り金スタイルの方に憧れているのか、
お金がなくてもブランド物を身に纏いたがり、
大きな車や中古の外車に乗りたがります。
会社の事務所もチャラいカフェみたいにしたがります。
なぜみんな勘違いをするのでしょう。
 
雑草魂は単なる第一歩です。
そして社会に認められ、結果を出せば良いのです。
厳密にはそれは目標を間違っています。
みんなに認められるのが目標ではありません。 
認められるストーリーは考えずに
ひた向きに寡黙に仕事に励むことで結果はついてくるのです。
 
寡黙です。
ブンブロも火、木の更新が多くなっています。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください