えんま市とギャップ

毎年、6月14, 15, 16日は
柏崎を代表するお祭りの「えんま市」です。
金魚すくいやたこ焼きなど500以上もの露店が出ます。
20万人くらいの人出で賑わいます。
今年は週末に重なっているので盛り上がるでしょう。

しかしです。平成の頃からか、
なんだか時代にあっていない感を少し感じていました。 
そんな中、こんな記事を見つけました。
えんま市の期間に「柏崎駅にホームバー」(日本経済新聞社)
JRって素晴らしい。
 
昭和の雰囲気のえんま市を引き立てるには
令和のエッセンスがあっていいのかと思います。
現代から引き離される雰囲気はノスタルジーを増します。
ギャップがあるといいんですよ。
お化け屋敷ってそんな感じでしょw
 
楽しみです。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください