マーケットに理由はある

ネットやニュースで交通事故の記事が多く見られます。
最近は高齢者の事故が多く見受けられます。
それ以外にも高速道路の事故や大型のバスやトラックの事故があり
運転する身としては恐ろしい気分にさせられます。
 
それでは車を運転をしない。そういう選択をするとしましょう。
歩いたり自転車に乗ったりしても交通事故には合います。
交通事故は相手がいるのです。
 
いくら自分が交通ルールを守っていても歩道を歩いていても
相手が自分めがけて自動車やトラックで突っ込んでくれば
避けられない可能性があります。
 
そんなことを気にすると自動車を運転ができなくなりますが、
地方都市は自動車がなければ仕事はおろか生活すらできません。
 
何か良い解決策はないものですかね。
自動運転を早く導入した方がいいようです。
なかなか進んでいないのが現状なのか……。
自動運転が普及すると電車やバスの需要が極端に少なくなるかもしれません。
ここがキーポイントですね。
マーケット感覚のある方はすでにお気付きでしょう。
見えないところに理由はあるのです。
 
他の業界はなんとなく見えるのですが、
自分の業界って「灯台下暗し」……
 
今の仕事にすがっているのが現状です。
何かを捨てないと新しいものは取り入れられません。
わかっていても行動にとれない理由はそこです。
いや理由は後付けです。
 
じゃあ.