献血しました

以前からやろうと思っていてスルーしていた
献血ができました。
 
計画的に献血をしたわけではないので、
献血カードを持ち歩いていませんでした。
以前作ったことがあるので調べてもらいましたが……。
10年前か20年前か……覚えていません。
 
データは平成6年以降はありますが、それ以前はないとのこと。
調べてもらったらデータはありませんでした。

献血カード

無事、新たに作ってもらった献血カード
 
みなさんご承知かと思いますが献血ルームは
献血前と献血後などカップの自販機で好きなジュースを飲めますし
新聞や雑誌など充実しています。
何より、人の役に立つので、
しばらくハッピーな気分でいられます。
スタッフは優しいですしオススメです。
 
献血するにあたりたくさんのバーコードのシールが使われています。
バーコードシールをプリントして、
それぞれに貼り、入力している作業の手際良さに驚きました。
システムって素晴らしいですね。
もう手書きのカルテなんてほとんどありません。
どんどんバーコードを読み込み入力されていきます。
 
今までの手書き伝票だと転記ミスがありますが、
最初にしっかり入力してあればミスは起きませんし早いですね。
保存のスペースも不要です。
伝票印刷は無くなっていくわけですね。
 
最後に献血に対することや
献血後の注意などの印刷物をたくさんもらいました。
このように保存に必要のないもの、
不特定多数に案内をするものは、
紙に印刷され配布されるのですね。
 
LINEのIDやメールアドレスを知らない人には、
デジタルで案内できませんからね。
 
それにしてもデジタルシステムと
アナログ印刷物をたくさん目の当たりにした献血でした。
 
これからもなるべく献血には行きたいと思います。
今後、自分が輸血することになるかもしれませんもんね。
なるべく避けたいですけど。
 
じゃあ.