ブラジル no. 2

スーパーに買い物に行ったらコーヒー豆が売っていたので買いました。
何軒かスーパーにいくのですが、豆を挽いた粉はどこも売っているのですが、
豆で売っているのは珍しかったので試しに購入しました。

製造者は、UCC上島珈琲です。
普段、コーヒー豆はお茶屋さんで買っていました。
安いもので100g, 400円からです。
このブラジルno. 2は、200g, 450円、約1/2の価格です。
大変お得です。が、
 
早速、飲みました。
豆を挽き、お湯を注いだ時、んっつ!?
粉が水分を含み炭酸ガスで膨らむのですが、
その膨らみ具合が小さいのです。
 
豆の状態で鮮度は判断できませんが、
豆を挽いてお湯を注ぐと判ります。
値段相応でした。
だんだんコーヒーについてわかる部分があります。
何事も経験ですね。

味の方は、マイルドです。そしてコピーの通り確かにほろ苦いです。
酸味が少ないと言われていますが酸味を感じます。
(コーヒー素人なので私が感じているのは酸味じゃないのかもしれませんw)

ま、仕事帰りに文盛堂に寄っていただければ
今は、ブラジル no. 2をお入れいたします。
お気軽に来てください。
 
じゃあ.