今なにをする

新型コロナの影響であらゆる産業に不況が起きています。
リーマンショックの時は一部の産業が不況になりました。サービス業などはそんなに大きな影響はなく、印刷業も影響はあったものの会社が傾くようなことはなく耐えることができました。
 
今回のコロナショックはヒシヒシと全ての産業を蝕んでいます。人の動きが途絶えるとそれに携わっていた産業が多いことに気がつきます。日本は裕福だったのだと再認識します。
 
さて、これからどうすればいいのか。一言でいえば「やれることをやる」これに限ります。
不況の愚痴をただ言っていてもなにも起こらないのは誰でもわかると思います。会社の環境整備、企画立案、スキルアップ、普段やることのできないことが思い切ってできますね。通信教育、web英会話なんかもありですね。サービス業はレイアウト変更、大きなリニューアルも小さなリニューアルも今なら業務に影響なく行えます。
 
コロナショックは時間と共に終息することを考えて今のうちに「やれることをやる」です。いま投資できれば、アフターコロナは景気がガーンと上がるはずです。なにが起きてもいいように備えましょう。
そのためには今を耐えることが第一です。まずこれをクリアーしないと次は何も起こりませんよ。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください