日本再興戦略

読了しました。
2018年 / 落合陽一 著
 
日本のことを考え、若者のことを考えている本でした。
腑に落ちる事が多々書いてあり面白くためになる本です。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,512から
(2019/11/7 11:23時点)

欧州と米国は違う文化であるにもかかわらず日本は欧米と一つにしています。
いろいろな国の異文化を真似してしまい、
ここまでグチャグチャな国になったのかなと感じます。
日本に合うやり方を判断するべきと考えさせられました。
士農工商、百姓が日本に合っているとは、あーなるほどと納得です。
百姓と聞くと農家かな?と思いますが、百の生業を持つことで
コミュニケーションを活かすということです。
 
イノベーションを常に考え行動を取っています。
現代は、右ならえ!の教育を受けたので、
自分に合ったものをチョイスできる能力が不足している人が多いと感じます。
その辺を意識するだけで違う事が起きる様な気がします。
 
もしかして地方ほどそうなのかな。
地方のまち並みが一緒、行政の考えが一緒、結果も一緒になる訳ですね。

あまりTVは見ないのですが、落合さんをたまに見受けると
おっとりとしている感じがします。
しかし、しかし切れ味鋭い本です。
超安定な国立大学教員を辞めて筑波大学内に民間の研究所を作り、
日本の大学再興を自から行動を持ってやっています。
 
ささやかながら応援して行きたいです。
 
じゃあ.

2020 年賀状見本帳

文盛堂は法人取り引きの他、
一般の印刷物もお受けしています。
その一例が年賀状です。
 
文盛堂年賀状見本帳2020ができております。
表紙の画像です。

文盛堂年賀状見本帳2020

年々お年玉くじ付き年賀はがきの発行枚数は減っております。
若者の年賀状離れですかね。
ご年配の方はスマホ、SNSが使えない方が多く年賀状でやりとりをされます。
高齢者は簡単に遠くの親戚、友人、知人に会いにいけませんからね。
高齢化社会の日本で年賀状の役割はまだまだ重要と思います。
それを考えると文盛堂も年賀状印刷はやめられないのです。
文盛堂も少しは地域の役に立っているのかな!?
  
先着100名にオリジナルカレンダーを進呈いたします。
お気軽にご相談してください。
 
じゃあ.

スィートブレンド

コーヒー豆を買いました。

スウィートブレンド

前回はマイルドブレンドでした。
同じことをするな!と先代が言ったか言わないか!? 文盛堂スタイル。
今回はスィートブレンドです。焙煎度は前回と同じく3です。
 
これでブレンド3シリーズ制覇(勝手に命名)ですので
次回からはブラジルやコロンビアなど産地名のコーヒー豆にしたいと思います。
いまだに酸味とか苦味とかよく分かりませんが、
続けて行き違いのわかる人になりたいです。
まあ、継続です。
 
仕事も継続していればスペシャリストにはなれます。
さらに自分の得意分野を愛して継続すれば、
その先のエキスパートになれるでしょう。
 
エキスパートになったらそりゃもう
青い海で泳げるでしょう。
早くエキスパートになりたいものです。
 
「エキスパートは1年にしてならず」
 
じゃあ.

ヤベェ奴が来た

調べ物をしていたらネットで紹介されていたので購入。
絶版になので慌ててポチって、
そんで届いたらヤベェ厚さでした。約650ページ。
知らないって幸せですね。

「ヴァージン -僕は世界を変えていく-」
 
普通の書籍が200ページ強なので約3倍の読み応え。

ヴァージン 僕は世界を変えていく

ちなみに「実行力」と「メモの魔力」は比較のためで読了しています。

何冊か本がたまっているのでまだ読みませんが、
本音は、ビビっててまだ読んでいません。
なかなか手に取る勇気がありません。
まあ、過去にもこれ以上のボリュームの本を読んでいますので免疫はあります。
年内読了を目指し頑張ります。
 
本は2, 3冊を並行に読みます。
「ヴァージン -僕は世界を変えていく-」を読む間に何冊読み終えるのでしょうか。
多分、ヴァージンを優先的に読むことになると思います。
だって、楽しみは楽しみなのです。
 
破天荒な人が好きなんですよ。
パタゴニアのイヴォン・シュイナードやナイキのフィル・ナイト。
どちらもハラハラ、ドキドキの人生。
無い物ねだりなんでしょうね。

SHOE DOG(シュードッグ)

新品価格
¥1,900から
(2019/11/1 08:27時点)

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

新品価格
¥2,200から
(2019/11/1 08:28時点)

伝記的な本はボリュームが出てしまうのでしょう。 
 
過去に電子書籍でボリュームのある本を読んだ事がありますが、
自分がどの位置を読んでいるのか全くわからずモヤモヤ感満載でした。
ボリュームのある本ほど紙の本がいいです。
雑誌は電子でいいのかもしれません。
その辺棲み分けが起きるかも知れませんね。

じゃあ.

エレコム USBハブ

先日、マウスの調子が悪く
新しいものを購入しました。
(ブンブロ: エレコム ワイヤレスマウス)
使いやすく調子が良かったのですが、
突然ポインタが動かなくなりました。
 
以前のマウスと同じ症状です。
買ったばかりのマウスが壊れることは、
ごく稀にあるかもしれませんがほとんど考えられません。
そこで疑ったのがマウスの受信機を差しているUSBハブです。
そう言えば……
今までも外付けHDDが突然不正な取り出し表示になったりしていました。
 
すぐに新しいUSBハブを購入。

エレコム  USBハブ

買って届いて気付きましたがマウスと偶然同じメーカーのエレコムです。
(ちなみに今までのUSBハブは、iBuffaro製)
  
今のところ問題ありません……ってことは、
マウス買うは必要はなかったのです。
 
じゃあ.