景気と文盛堂

今朝は肌寒いので長袖シャツです。
久しぶりの襟付きでの仕事です。
途中暑くなってもいいように長袖シャツの下には
文盛堂オフィシャルTシャツをきていますよ。
 
そんなこともできてオフィシャルのTシャツって便利ですね。
ちなみに本日こっそり着ている文盛堂オフィシャルTシャツはこれです。
 
文盛堂オフィシャルTシャツ
 
いろいろ情報を集めていますが、
我が地域の景気の悪さは払拭できませんね。
 
景気ってなんでしょう。
一般には経済活動のことを指すのですが、ざっくりしすぎているので、
勝手に文字から推測すると…
景色の「景」と気分の「気」で「景気」ですね。
景色は、目に見える様子。
ということは、景気とは目に見える気分。
気分のことです。
景気がいい好景気とは、みんなの気分がいい。
気分が悪い不景気とは、みんなの気分が沈んでいることです。
 
個人で気分がいいと騒いでいても
地域の景気は良くなりません。
その気分を伝播できれば景気が良くなるのではないでしょうかね。
 
印刷業界も衰退産業だ。斜陽産業だ。紙がなくなる。と
ネガティブに騒がず、もっと前向きな気分でいればいいのではないでしょうか。
バカ、アホくらいの考えの方がこの時代を切り抜けられると思います。
 
急に時代は変わりません。
新聞だってラジオが広がった時には無くなると言われました。
ラジオだってTVが広がった時には無くなると言われました。
実際はどうでしょう。なくなりはしていません。
それぞれに役割はあります。
新聞社がTV局やラジオ局をグループとしています。
 
景気を良くするためにポジティブでいきましょう。
その一役を担うためにも
文盛堂は景気がいいということにします。
 
じゃあ.

ダラダラしない方法(カレンダー編)

3連休明けの火曜日です。
台風の後の秋晴れ。
 
文盛堂の社窓から
 

文盛堂の社窓から

文盛堂の社窓から


 
今回の三連休は台風でした。
我が地域としては大した影響もなく良かったでのですが、
台風の情報で予定を立てる気も出なくダラダラしていました。
そんな感じだったので読書ができましたが、どうなんでしょう……。
 
台風は早朝に、通り過ぎていきました。
寝ている間の出来事です。
昼間に行動するには影響がなかったです。
計画を前もって立てておけば良かったと反省です。
 
そこで今後の楽しい人生を謳歌するために
ダラダラしない方法を記しておきます。
 
MacやPCについているカレンダーに
やりたい事とやらなければならない事の1年間の予定を入力していくのです。
例えば雪国に住んでいるのなら、
どうしてもやらなければならないタイヤ交換をあらかじめ入れておきます。

macカレンダーアプリ
 
次に、やらなければならない予定を避けてやりたい予定を入れていきます。
予定
 
そうする事によっていつもの三連休のように
何もやらずに終わって後悔しなくなります。
他の人からのお誘いも、予定も空いている場所に入れてもらうようにすれば、
自分の予定を優先できます。
どうしてもお誘いを優先したいなら自分の予定を空いている場所にスライドすればいいのです。
 
ここでポイントは、1年先、2年先の予定を入れておくのです。
「例えば旅行に行く」という項目はあらかじめ入れておかないと
急に友人、家族を誘ったりできないので、なかなか行動に移せません。
 
要するに、やることを記すということです。
 
プライベートでしたら、
 ・漫画喫茶に行く
 ・世界一美しいスタバに行く
 ・BBQをする
 ・恩師に会う
 ・マッサージに行く

仕事だったら
 ・webサイトのリニューアル
 ・会社案内を作る
 ・イベント開催
 ・イベント参加
 
こんな感じで予定を入れていけば先手先手の準備が
間に合うよう自然に取れます。
 
もちろん思いつきで入れていってもいいです。
下手な計画より思いつきの方が行動に移せるものです。
 
また、「完全オフ」という項目を作っておく事もいいかなと思いましたが、
オフは作らないで、
思いつきの行動を入れられるようにしておきましょう。
 
じゃあ.

パーク構想

Appleはクパチーノ州のアップル パークで
iPhone8、iPhone Xを発表しました。

8に関してはエンジンが速くなったのかな。
Xは10周年記念モデルでホームボタンがなく全体がディスプレイ。
いいのですが、興味がありますが値段が税別で112,800円から。
Macbook Air以上の価格。とても手が出ません。

iPhoneより気になったのが、
発表会場のアップル パークです。
詳しい写真などはWIREDのサイトから。
4月に一部オープンしていたんですね。
ガラス張りの社屋には社員しか入れません。
劇場もあり、電力はすべて再生エネルギー、一般開放されるカフェもあるそうです。

ちょっと待った!
我が地域の行政も新庁舎の建設が決まっております。
庁舎、劇場、図書館、博物館、体育施設、病院を
同じ屋根の下にしてみてはいかがでしょうか。

我が地域少子化により、中学、高校だって大した生徒数がいないので
各一校舎にまとめることもできますね。
経営難の地元大学も同じ屋根の中に入れみるのもいいでしょう。
ここまで一つにまとまると、きっと仕事も出て来ます。
こんなにすみやすかったら日本中から人が集まって来そうです。

人口減少で悩む地方で、大学、企業単体で人口増を狙うより、
日本一のベッドタウンとして生き残りましょう。

建物を集約すればコストがかなり下がります。
不要なものが出て来ますね。
土地はいくらでもあるので問題は建設費ですね。
消滅都市になっているのなら手を打たなければなりませんね。
  
日本の企業も弱って来ていますね。
今年になっても我が地域に限らず休廃業、倒産が続いています。
いろいろな業界が、どこかで勝負に出ないといけない時期かもしれません。
それができないところが廃業していくのだと思います。
どんな組織も急に変化はできません。
今やっている仕事に専念し、
次第に研ぎ澄まされていくと
自然に変化しているのかもしれません。

じゃあ.

美術館で蘇るデザインマインド

先月オープンしたばかりの
富山県立美術館に行って来ました。
富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)横です。
環水公園内にはあの世界一美しいスタバがあります。
時間の関係でスタバには行きませんでした。
こちらは近々いきたいと思います。

富山県美術館 LIFE

そんなに大きな美術館でなく2時間くらいあれば全て回れます。
企画展「生命と美の物語 LIFE — 楽園をもとめて」は、
大くくりなタイトルですが、オープンしたばかりなのか力がこもっています。

コレクション展示では椅子、ポスターなどデザイン関連も展示してあります。
好きなニクラウス トロクスラー ポスターを久しぶりに発見し。感動ものです。
これだけでもここに来た甲斐がありましたね。

コレクション展

北陸地方は北陸新幹線の開通で
お客さんを受け入れるための気合が入っています。
東京オリンピックを誘致した時のスピーチ、
日本人の持っているオモテナシですね。

いいところだなと素直に感じ、また来たいと思います。
そう思うと新幹線開通はいいきっかけになっていますね。

博物館、美術館、図書館の規模で地域の文化レベルを感じます。
それらは教育施設だと思っています。
ホールや体育施設も同じなのですが、イベントが開催していないと得ることがありません。
美術館、図書館は自ら出向いて知識や創造することを得られます。

我が地域には美術館がありません。。。
(博物館法でいう美術館)
いろいろとスケールが小さいです。
 
いいものを見ると
心が豊かになると再認識もできました。
そんな気持ちをいつまでも。

じゃあ.

国宝に蘇るデザインマインド

週末は旅行に行ってきました。
暑い日でした。
暑い日の旅行は体力が必要ですね。

今回行った中で印象に残った場所は国宝の瑞龍寺です。
wikipediaのページを掲載します。
瑞龍寺のサイトもあるのですが見た感じがちょっと…
見づらいです。一応こちらから行けます。
 
瑞龍寺に行く予定はなかったのですが、
時間があったので寄ったら感動でした。
これが旅の醍醐味です。
ツアーでは味わえませんね。
スケールのデカさに心が洗われます。
 
瑞龍寺の仏殿

国宝は重要文化財の中でも特に価値のあるものに与えられる称号です。
現在、1,101あります。
有名なものでは、法隆寺を始め、清水寺、東大寺及び正倉院、
出雲大社とか姫路城ですね。
奈良の大仏、鎌倉の大仏もそうです。

トリビアとしては、金閣寺は国宝ではありません。
1950年の放火により国宝から外れました。
現在のものは再建されたものだからでしょう。

柏崎市で国宝を調べると”0件”です。
新潟県で国宝を調べてみると
1件しかありませんでした。
国宝って貴重なんですね。
十日町市博物館にある火焔型土器を含む出土品928点の資料で構成されている
「新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」です。

近々、見に行こうと思います。
が、しかし、2017年10月3日から11月26日まで京都国立博物館で開催される
特別展覧会「国宝」に16年ぶりに県外に持ち出されます。。。
戻ってきたら見に行こうと思います。

実は、学芸員である私、久しぶりに
学芸員魂に火がつきました。
(当時、日本美術に関心がなかったことは内緒です)
 
東京、京都、奈良のように観光客がひっきりなしに訪れる地域ならいいのでしょうが、
地方は集客(収入)の少なさから、
国宝の管理に多大なお金がかかると予想されます。
印刷物、ホームページなども力を入れられません。
建造物に関しては貸し出しができませんので、
来てもらうしかありません。
 
観光と絡めることができればいいのでしょうが、
面倒なことをしないのが人間です。担当も数年で変わる素人。
地域の国宝好きを募ってアイディアを出す方が
いいアイディアが出るかもしれません。
突拍子も無いアイディアはきっとマニアが持っています。
   
国宝の印刷物をデザインしたいですね。
国宝のある地域地域に引っ越したいです。
そんなことより、地元の観光資源で活性化が
急務だと思います。地元にある廃校とかも大事に保管すれば
1000年後には国宝になるかもしれませんよ。
 
じゃあ.