FFGS経営セミナー2018を聴き

あまりセミナーは聴かないのですが、
先日は、いつもお世話になっているFFGSグラフィックサプライの経営セミナーに出席して来ました。
講師は福井県の印刷会社専務、40代の方で、
後継者として奮闘した10年を振り返るセミナーでした。
他の地域でもセミナーが行われるかもしれません。
ネタはセミナーに参加して聴いていただければと思いますので、
詳しい説明は省かせてもらいます。
 
感じたことは、
適当であった古い印刷会社の経営課題にメスを入れた。
自分の進む道がはっきりとあったので、
山積み課題を放置せず一つずつやられて来たのでしょう。
もちろんセミナーでは言えない苦労もたくさんあったのではないかと想像します。
参考にさせてもらえるセミナーでした。
最近の経営セミナーでは、
MIS(経営情報システム)とwebを上手く使っています。
確立できれば印刷、製本部門は別として会社にいなくてもパソコンさえあれば仕事ができますね。
 
文盛堂にもそんなシステムを導入できる日が来るのでしょうか。
乞うご期待。
 
じゃあ

行動の練習

情報を得て思いつきで行動したい!と思うことがしばしあります。
例えば、日帰り温泉に行きたい。
スポーツ観戦に行きたい。
展示会に行きたい。
美味しいものを食べに行きたい。など。
 
しかし、行動を取らずそのままどんどん時間が過ぎます。
最近、そんなことが続き少し自分が嫌になっています。
 
原因としては…
1)一人での長距離運転をためらう。
2)距離がある移動だと往復の時間がもったいない。
3)コストがかかる。
こんなところでしょうか。
 
対策として…
1は、どうしても運転が嫌な場合は電車かバスに変えればいい。
2は、何もしない時間の方が勿体無い。電車かバス移動で読書をしている方がいいです。
3は、何度か飲みに出なければいいだけのこと。
 
要は1歩踏み出すだけのこと。考えること。
行動を取れるよう小さい行動から挑戦して見ては?と結論づけます。
 
7月はいろいろ仕事のお誘いがあります。
仕事も落ち着いているので!?
いろいろ行ってみたいと思います。
 
じゃあ.

えんま市も

柏崎は今日から16日まで、えんま市。
歴史は200年以上と古く
本町通りに露店が500軒ほど並びます。
 
地域の賑わいが少なくなっている中、
貴重なお祭りですね。
商店街は人手、若手不足で独自のお祭りなどはなくなる一方です。
えんま市だけでなく、えんま市も柏崎のイベントです。
と言えるようになりたいものです。
 
面倒臭がらず、えんま市のように商店街を開放をして
いろいろなイベントを行うのもありかと思います。
 
最近では、フリーマケットとか食の小さなイベントなどが
各地で行われています。
一堂に集めてえんま市規模で行うのもありなんではないでしょうか。
数百年続ければ、どんなお祭りでも歴史的なお祭りになります。
その辺が、民意や行政の力なのかもしれません。
 
これからは人口が減ってきても
外貨を稼げるように努力を怠らないことでしょうね。
 
商店は地域のお祭りやイベントなどで人が賑わえば
相乗効果も起こります。
魅力があれば商店街にお店を開こうと思う若者も出るかもしれません。 
印刷会社も賑わいが起こることにより、
仕事も出てきます。
いろいろ売上がりが増えれば、
行政の税収も上がります。
いい方につながっていくことを期待します。
 
人口じゃなく豊かさとは何かと今一度考え直すのもいいですね。
その舵取りをするのか。
せめて会社単位であればできるのではないでしょうか。
 
じゃあ.

どうでもいい

梅雨入りしていたんですね。
確かに、ここ数日は湿度が高いです。

梅雨入り宣言には、いろいろ条件があるみたいですが、
はっきり梅雨入り、梅雨明けした事を宣言するのは難しそう。
気象の専門家のはずの気象庁なのに頼りないと思っていましたが、
梅雨に限らず、季節の入りなんてその人の感じでいかようにもなります。
 
例えば、11月って冬ですか?
最近の温暖化で秋のような感じもしますし、雪が降る年もあります。
3月も同じような感じです。
 
季節なんて冷静に考えるとどうでもいいです。
単純に4, 5, 6月が春、7, 8, 9月が夏とは行きません。
それぞれの感じ方でいいのかと思います。
 
デザインの問い合わせが、ちょいちょいあります。

Q: 文字は右寄せがいいですか?左寄せ?
A: どちらでもいいです。

Q: フォントはゴシックがいいですか?明朝がいいですか?
A: どちらでもいいです。

冷たいようですが、そんなことより、
見やすい、読みやすいのか。
図版はそれでいいのか。
訴求性があるのか。
色の使い方がいいのか。
 
適切であればいいと思います。
あとは、作る人の十人十色。
発注者の好みです。
 
ただ発注者の好みが前に出るといいことはありません。
お金出すのは俺(発注者)だ!俺の好きに作れ!
レストランでもそんな人を見かけます(最近は減ったか)。
 
あの情報も入れたい、この情報も入れたい。
と、かなりカオス…。
見る気、読む気が起きません。
 
じゃあ.

ペーパーレスとW杯

サッカーのW杯が今月に行われることを知っていました?
私はつい最近に知りました。
同時にどこで行われるかも知りませんでした。
ロシアなんですね。
古くからのサッカーファンの方は知っていたのかも知りませんが、
一般の人には盛り上がりが欠けていると感じるのは私だけではないはず。
 
サッカーに限らず熱狂的なファンはミーハーの人が多いので
他の流行りごとに行動を移しているのかもしれません。
 
また、情報はTVから取り入れるのではなく、
インターネットから取り入れる若者が増えたからとも言われています。
W杯の情報がSNSからの発信が少く
盛り上がりが欠けているではないかという説もあります。
 
新聞(紙)からの情報だけだったところにラジオが現れ、
ラジオからの情報がTVに移り、現代の情報収集は
インターネットから得ることに変わりました。
 
ポイントは情報収集です。
今まで(TVまで)は与えられた情報を得ていただけでした。
正しい、正しくないに限らず、みんな同じ情報を共有していました。
同じ情報が、早いか、遅いか、の差でしかありませんでした。
同じ考え、行動が美徳でした。
 
これからは自分の意思で情報を得る時代です。
考えて、選んで、行動する時代です。
みんなが同じ情報を持っていません。
同じ情報でもA, B, C…多くの考えが現れます。

インターネットの勢いに対抗はできません。
ペーパーレスは進むでしょう。
lessとは、もっと少なくの意味で、
全くなくなると言う意味ではありません。
紙からの情報がインターネットを支える時代の気がします。

 
じゃあ.