マウスでチュー

使っているマウスの調子が悪くなり交換を検討しました。
最初、Macがコンフリクトを起こたのかと思い、
キーボードで再起動などしていましたが、
どうやら無線マウスの通信がつながらなくなりポインタがフリーズ状態でした。
 
急遽、アップル純正のMagic Mouse2を引っ張り出してきて
使っています。(まともに買うと7,800円なんだ高い!)

Magic Mouse2

カッコイイ!!のです。ががが。
普通に使っているには問題ないです。
Adobeのソフトを使うとなるとこれが使いづらいのなんの……。エクセルもかな。
 
高いマウスは安いマウスと何が違うかというと
感度が良くて一度使ったら離せません。
こればっかりは言葉では表せません。
 
このMagic Mouse2も高感度とは言いませんが
一般的なマウスよりかなり感度はいいです。
また表面にボタンがなくマウス本体に触れて
左右クリック、ダブルクリックとなります。
それはイイのです。
本体がトラックパッドのような機能でスクロールなどできます。
特にIllustratorは触れたか触れないかくらいで勝手に数値が変わったり
画面がスクロールしたりします。
 
そんなんでマウスを検討しています。
一番欲しいのはマウスの名門、ロジクール。
ゲーミングマウスが高感度で良さそう。

Logicool G ゲーミングマウス ワイヤレス G-PPD-002WL ブラック LIGHTSPEED 無線 80g 超軽量 ゲームマウス HERO16Kセンサー LIGHTSYNC RGB POWERPLAY ワイヤレス充電 G Pro Wireless 国内正規品 2年間メーカー保証

新品価格
¥16,891から
(2019/9/19 09:21時点)

高感度のゲーミングマウスがいいのですが、
1万円は出せません。
5千円以下がいいかなと検討している最中、
翌日には今までのマウスが、なぜ……復活していました。
 
じゃあ.

相手に合わせるな

少し仕事が重なっています。
連休が続くとお客様の休みと文盛堂の休みの関係で、
1週間で3日しか営業日が合いません。
そのため何とか営業日に校正を出せるように努力をしています。
しかし、いくら早く校正を出しても戻ってくるのは早くなりません。
そうなるとこちらも頑張らなくていいのかな…。
セーブしてしまおう…。と思ってしまいます。
 
それはどうなのでしょう。
結局、相手に合わせて仕事をコントロールしているのです。
良いことであれば相手の真似をどんどんしましょう。こちらのスキルをアップすることはいいですね。悪いところは相手に合わせる必要は全くありません。
 
こちらが良いことをすると自分に力がつきます。
セーブする必要はありません。
 
「挨拶をしたけど相手から挨拶が返ってこない」と相談されます。
「挨拶を返さないから今後その相手に挨拶はしない」は違います。
相手はさて置いて、自分が挨拶したことが大事なのです。
相手に合わせることは全くありません。
 
今後も自分の行動を信じることが大事です。
相手がどうだとかは考えずに行きましょう。
いい結果を生むはずです。
避けられる外的要因は避けていきましょう。
 
じゃあ.

時流適応か

3連休は石川県の方へ行ってきました。
お土産って日本の風習だなあと思います。
想いを伝えるのにとっても便利ですね。

昔と違って気軽に移動ができるようになり、
ちょくちょくあっちこっちに行っているので、
その度に購入しなくなりました。
私に限らず、一緒に移動した仲間も以前はたくさん買っていたのに、
すっかり買わなくなりました。
地域で有名なお土産は大量買いする方が
多く売り切れて買えず(例えば富山のます寿司)、
1日に何度も入荷していましたね。 
 
まあ時代は流れていきます。
時流適応。
情報化社会で市場の流れは変えられません。
逆にみんなが流れについていく中、
付いていかないのもオンリーワンでいいのかな。
 
じゃあ.

Do you love you. 愛しあってるかい!

先日、知り合いの現役校長先生が亡くなりました。
現役ということもあり通夜会場は人が外まで溢れて入りきれませんでした。
故人の人柄が偲ばれます。
今年は6月にも知り合いが亡くなっております。
その方も定年前の現役でした。
どちらも直前までは普通に生活をしていて
職場に出勤してから亡くなったそうです。
さすがに続くとつらいです。
 
人生とは何なのかと思い知らされています。
 
世のため人のために生きることを教育されました。
どうでしょう。
生きていれば少なからず人に迷惑をかけることはあるでしょう。
それが人間社会です。
しかし、自分のための人生でなくてはいけません。
自分がいなくなっては何にもなりません。
 
そう考えると仕事という位置は何でしょう。
家庭という位置は何でしょう。
 
難しく考えることはありません。
嫌ならやめること、好きなら全うすることです。

シンプルに。
  
じゃあ. 

業界を変える

学校教育の勉強はなんのためにするのでしょう。
特に義務教育に関しては、
次世代につなぐことをしているのだと思います。
 
たくさんの子供達に国語、歴史、文化などを教育し
次世代、また次の世代に繋いでいくためでしょう。
その中から教員になる人が出てきて、教えて…..続くのです。
研究者が出てきて新たな発見をつないでいくのです。
ループです。
 
学校を中退して大活躍する人がいます。
学校の勉強途中で気付くのでしょう。
「僕の勉強することは学校の勉強とは違う…
 もっとたくさん自分の勉強しなければならない」と。
 
さあ、印刷業界の皆様、今から印刷会社の勉強をしませんか。
勉強を始める年齢はあまり関係ないと思います。
日本中の印刷会社が勉強を進めたら
斜陽ではなく、もっと面白い業界になります。
 
まあ他力ではなく自分が勉強しましょう。
 
じゃあ.