英雄アキレスにならぬよう

すっかり朝晩と寒くなりました。
明日も!?富山に行ってきますが、
長袖長ズボンが必要ですね。
 
風邪をひいている人が周りに何人かいます。
体調管理が難しい季節です。
自己管理ができない人はダメだと言われていますが、
確かに、大切な時に風邪をひいているようでしたら
信用はガタ落ちですね。
 
第一印象で人を判断する材料として
視覚(見た目)が70%とか80%とか言われています。
清楚な雰囲気だったり、笑顔だったり、強面だったりで判断できると思います。
 
それは交流がなくその場で終われば第一印象だけなんですがね。
会話など交流が始まると次第に視覚だけでは判断できなくなります。
汚い言葉などが要所要所で出てくると見た目とのギャップで印象が悪くなります。
さらに行動がトロかったり、時間にルーズだったりするとさらに印象が悪くなっていきます。
本当に素敵な人と思われるのは内面からです。
  
会社も同じです。
第一印象が良くても取引していく内に
いろいろな要因でお客様は嫌な感じを受けていきます。
企業も人と同じく内面を良くしていかないと長く良好な関係は築けません。
 
信用はすぐに確立できるものではなく、
内面からジワジワ出てきます。
自己管理と同じくオーバーフローしないよう
会社管理が必要ですね。
小さい会社なりに背伸びくらいはしてもいいですが、
準備運動しないでジャンプはしないほうがいいです。
思っているより動けないものです。
アキレス腱断裂経験あります。
 
じゃあ.

景気と文盛堂

今朝は肌寒いので長袖シャツです。
久しぶりの襟付きでの仕事です。
途中暑くなってもいいように長袖シャツの下には
文盛堂オフィシャルTシャツをきていますよ。
 
そんなこともできてオフィシャルのTシャツって便利ですね。
ちなみに本日こっそり着ている文盛堂オフィシャルTシャツはこれです。
 
文盛堂オフィシャルTシャツ
 
いろいろ情報を集めていますが、
我が地域の景気の悪さは払拭できませんね。
 
景気ってなんでしょう。
一般には経済活動のことを指すのですが、ざっくりしすぎているので、
勝手に文字から推測すると…
景色の「景」と気分の「気」で「景気」ですね。
景色は、目に見える様子。
ということは、景気とは目に見える気分。
気分のことです。
景気がいい好景気とは、みんなの気分がいい。
気分が悪い不景気とは、みんなの気分が沈んでいることです。
 
個人で気分がいいと騒いでいても
地域の景気は良くなりません。
その気分を伝播できれば景気が良くなるのではないでしょうかね。
 
印刷業界も衰退産業だ。斜陽産業だ。紙がなくなる。と
ネガティブに騒がず、もっと前向きな気分でいればいいのではないでしょうか。
バカ、アホくらいの考えの方がこの時代を切り抜けられると思います。
 
急に時代は変わりません。
新聞だってラジオが広がった時には無くなると言われました。
ラジオだってTVが広がった時には無くなると言われました。
実際はどうでしょう。なくなりはしていません。
それぞれに役割はあります。
新聞社がTV局やラジオ局をグループとしています。
 
景気を良くするためにポジティブでいきましょう。
その一役を担うためにも
文盛堂は景気がいいということにします。
 
じゃあ.

経営計画書って

昨日は、仕事に関しての相談をしました。
なかなか苦戦続きの現代で、
みなさん、なんとか突破口を開けたいと思っているでしょう。
もちろん文盛堂もそうです。
 
いろいろ宿題を出していただきました。
宿題の中の一つで、経営計画書の作成の宿題を出されました。
「今まで無かったんかい!」と言われそうですが、
無かったんです。
自由奔放で仕事をするのが憧れです。
本の読みすぎか、TVの見過ぎだと思います。
 
だいたい成長企業は途中で壁にぶつかり経営難になり、
そこで経営計画を立て直します。
会社を成長させるには経営計画が必要なんですね。
 
文盛堂は成長企業ではないのですが、
きっと成長企業になります。
そんな感じがします。(全く根拠はありません)
 
今は、仕事に余力がありすぎるので、
経営計画書作成を頑張りたいと思います。
 
しかし、経営計画書をよくわかっていません。
未だに経営計画書って必要なのかと思っています。
それは、みんな同じことをすると
横並びになり文盛堂はそこから
抜け出ることができないのではないかと思っています。
 
それはそれとして、今回は経営計画書を作成しますよ。頑張って。
良いも悪いも実際に作ってからの判断でいいのではないでしょうか。
いいことあるかもしれませんからね。
 
じゃあ.

ダラダラしない方法(カレンダー編)

3連休明けの火曜日です。
台風の後の秋晴れ。
 
文盛堂の社窓から
 

文盛堂の社窓から

文盛堂の社窓から


 
今回の三連休は台風でした。
我が地域としては大した影響もなく良かったでのですが、
台風の情報で予定を立てる気も出なくダラダラしていました。
そんな感じだったので読書ができましたが、どうなんでしょう……。
 
台風は早朝に、通り過ぎていきました。
寝ている間の出来事です。
昼間に行動するには影響がなかったです。
計画を前もって立てておけば良かったと反省です。
 
そこで今後の楽しい人生を謳歌するために
ダラダラしない方法を記しておきます。
 
MacやPCについているカレンダーに
やりたい事とやらなければならない事の1年間の予定を入力していくのです。
例えば雪国に住んでいるのなら、
どうしてもやらなければならないタイヤ交換をあらかじめ入れておきます。

macカレンダーアプリ
 
次に、やらなければならない予定を避けてやりたい予定を入れていきます。
予定
 
そうする事によっていつもの三連休のように
何もやらずに終わって後悔しなくなります。
他の人からのお誘いも、予定も空いている場所に入れてもらうようにすれば、
自分の予定を優先できます。
どうしてもお誘いを優先したいなら自分の予定を空いている場所にスライドすればいいのです。
 
ここでポイントは、1年先、2年先の予定を入れておくのです。
「例えば旅行に行く」という項目はあらかじめ入れておかないと
急に友人、家族を誘ったりできないので、なかなか行動に移せません。
 
要するに、やることを記すということです。
 
プライベートでしたら、
 ・漫画喫茶に行く
 ・世界一美しいスタバに行く
 ・BBQをする
 ・恩師に会う
 ・マッサージに行く

仕事だったら
 ・webサイトのリニューアル
 ・会社案内を作る
 ・イベント開催
 ・イベント参加
 
こんな感じで予定を入れていけば先手先手の準備が
間に合うよう自然に取れます。
 
もちろん思いつきで入れていってもいいです。
下手な計画より思いつきの方が行動に移せるものです。
 
また、「完全オフ」という項目を作っておく事もいいかなと思いましたが、
オフは作らないで、
思いつきの行動を入れられるようにしておきましょう。
 
じゃあ.

敬老の日、敬若の日

明日から三連休でした。
敬老の日でした。
ありがたいですね。

最近は老人の方が多い世の中です。
今まで、小さな不満はあれど
大枠で平和な日本にしていただき本当に感謝です。
とても外国に住もうとは、もう思いません。
日本ベターです。
現在、貧乏ですが、そこそこの暮らしはできております。

人口ピラミッドの理想は
富士山型です。
日本のピラミッドは図のようになっています。

日本の人口ピラミッド

今後ピラミッドの裾野はさらに細く成り、
不安定なピラミッドになっていきます。
アート、デザインであれば不安定な構図がイケていますが、
人口ピラミッドに関しては誰も喜ばない構図です。

社会保障制度などは、少ない若い人たちが多い老人を養うシステムです。
定年を終えてさらに住みやすい国となっています。
敬老の日も、それは、それで大事なのですが、
敬若の日(けいじゃくのひ)を新設した方が良い時代です。

しかしです。
好きな仕事に携わっていたのなら、
定年って寂しいことではないでしょうか。
好きなことをしていると辛いと感じません。
日常のリズムが変わってしまいますからね。

早く定年したいと思っている人ってどれくらいいるのでしょうか。
それってすごく不幸なことだと思います。

仕事がつまらなく我慢して30, 40才と過ぎていき、
退職金目当てで仕事をして定年を待っているのは、
人生の楽しみを退職金に奪われているようなもので、
お金の爆術にはまっています。
そんな人が、60, 65才を過ぎてから「これから人生を楽しむぞ」と
宣言しても退職した途端に楽しいことが急に出来るはずはありません。
今まで、辛い枠の中で過ごしていた人は、人生の楽しみ方を知らないのですから。
 
楽しく仕事をし定年を迎えた人は仕事を通し人生を楽しんでいたのですから、
お金なんてたくさんなくても定年後も楽しいことを見つけられると思います。
仕事を通し人生の社会教育を受けているのです。
 
そんな社会、会社にするためにも敬若の日の設立を望みます。
社内で設立するのもいいかも知れません。

台風が来ています。
我が地域には連休の前半は影響なさそうです。
最終日に日本海に来る予報です。
前半にやりたいことがあったらやって、
後半は大人しくしていた方が良さそうですかね。
 
じゃあ.