前向きでgo

興味のある仕事を取り引きのある某社から頂きました。
決して簡単ではなくハードルは高いのです。
それがビジネスです。
 
どうなるかわからないが、迷うことはない。
そこを突き進むのが文盛堂スタイル。
(そんなスタイルあったか!?w)
 
話しが進むか、破談になるかは来年以降となります。
ただ、全国で進んで行く話しなので
その辺はどうなのかと思うが某社も売るのが仕事なので仕方ない。
 
いい話って行動がついて行かず実らないものです。
久しぶりの明るいニュースなので、
ま、前向きに考えていきたいと思っています。
なんてったって印刷会社は仕事に飢えているのです。
それも今後を見据えた仕事ならなおのことです。
  
じゃあ.

それぞれの場所

継続も大事ですが、長く居座っていると
若い人たちの行動を阻害しかねません。
場合によっては若い芽を積むこともあります。

しかし経験豊富な年配者が必要な場所もあります。
どんどん新しいところに飛び込むことは年齢と共にありです。
 
新規開拓は経験豊富な人の方が良いかも知れません。
開拓した後は他の人に引き継ぐ。これが理想かも知れませんね。
 
ベンチャーは意外と経験豊富な人の役割かも知れません。
もちろん新しいことをやるからには責任を持ってある程度の継続は必要です。
それと長く居座らないことのバランスが難しいのでしょう。
 
自分の場所は自分で作る。
これが個人も印刷会社も大事な一つなのかも知れません。
それがブルーオーシャンてことなのかな。
 
じゃあ.

2020 年賀状見本帳

文盛堂は法人取り引きの他、
一般の印刷物もお受けしています。
その一例が年賀状です。
 
文盛堂年賀状見本帳2020ができております。
表紙の画像です。

文盛堂年賀状見本帳2020

年々お年玉くじ付き年賀はがきの発行枚数は減っております。
若者の年賀状離れですかね。
ご年配の方はスマホ、SNSが使えない方が多く年賀状でやりとりをされます。
高齢者は簡単に遠くの親戚、友人、知人に会いにいけませんからね。
高齢化社会の日本で年賀状の役割はまだまだ重要と思います。
それを考えると文盛堂も年賀状印刷はやめられないのです。
文盛堂も少しは地域の役に立っているのかな!?
  
先着100名にオリジナルカレンダーを進呈いたします。
お気軽にご相談してください。
 
じゃあ.

働き方改革 役員ver.

休みの使い方が下手です。
お金がないのを理由にしたくはありませんが、
実際にお小遣いが少ないのです。。。
いろいろ動くとお金がかかる世の中です。
 
休みの日に、ボーッとしているのであれば仕事をした方が、
いいリズムの時もありますよね。
で、仕事をした方がいいのかなと思います。
役員(課長以上かな)は2019年4月より施行されている働き方改革は適用外です。
社員、職員は休日に働くと休日出勤という高額なサラリーが発生しますので
歓迎されませんが経営側の課長以上は適用外です。
 
過去にも適当なことを書いていたブログです→働き方改革の行方予想
 
サラリーが発生しないことをデメリットとせず、
職場で仕事ができることをメリットにした方がいいです。
勤労感謝です。
お掃除好きなら机や棚の掃除、窓拭きや整理整頓、
また、土いじりが好きなら花壇のお手入れ。
ただし、光熱費などがかかる場合、
一人のために広い職場の光熱費をかけれません。それは困ります。
空調代などの経費は考えなければいけません。
それも経営者の仕事です。
 
休みの日に働くなんて普段ダラしないからだよ。。。との声が聞こえてきますが、
それが合っている人も世の中にはいるのではないでしょうか。
休みの日を休息に使うのが合っている人もいます。
多様性の時代ですのでいろいろな生活、仕事スタイルがあるはずです。
闇雲に仕事は悪だ!ではなくその人その人を考えると
いろいろなやり方があると思います。
 
ただ、会社に行って掃除ばかりしていると、
家庭の掃除もしろ!との声が降ってきそうです。
 
じゃあ.

ある意味、研修だった

来年度の予算取りの見積りラッシュでした。
仕事が来るか来ないかわからない予算取りがどれくらい来たでしょう。
30件くらいあったと思います。
(過去は振り返らない)
そしてそして、それぞれの所に足を使って届けなければいけません。
 
文盛堂にメリットはあるのでしょうか……。
ほとんどありません。
仕入れ先に価格の確認もお願いしなければ見積りは作れない場合もあります。
資材関係の担当の方には迷惑だったと思います。
すみません。
 
しかし、そこはポジティブに考えましょう!
強いて言えば、見積りが上手くなったでしょう。
 
じゃあ.