雑誌の休刊が

雑誌「MdN」が休刊です。
まだインターネットが普及していなかった時代に
デザイン、DTPの情報収集のために購入し
隅から隅まで読んでいました。
「MdN」に限らず雑誌の休刊が後を絶ちません。
残念ですが、時代の流れでしょうかね。
 
インターネットが普及する以前、
地方は雑誌からしか情報を得ることができませんでした。
現在では時間をかけインターネット上にある程度の情報が上がっています。
最新のニュースは紙に印刷して配布するよりネットが早いです。
新しい情報ほどネットが主流になった感じでしょうか。
 
その反対に変化の少ない固定した情報は紙が便利です。
すぐに取り出してパラパラと情報を得れます。
フライヤーやパンフレットをはじめ図録、マニュアルなどです。
 
しかし常に持ち歩けるスマホやタブレットの台頭で
簡単な情報や辞書はインターネットが早いです。
どちらにしろ住み分けが進んでいますね。
 
情報も紙とインターネットではどちらが向いているか。
質と量のバランスでしょう。
そこを考えて印刷会社の経営をしていかないといけませんね。
わかっていてもそれが難しいのです。
 
じゃあ.

値上げをどうする

製紙大手3社、2019.1.1より印刷用紙の値上げがアナウンスされました。
(産経新聞より)
印刷用紙が20%upって……。
 
大量生産をするのが印刷業です。
市場では価格競争中なのでどうするか問題ですね。
高級、高価格路線は考えられません。
今までの価格で行ったら利益が出ません。
 
ヤバいです。
 
ピンチの時がチャンスと言いますが
そんな事あるのでしょうか。
まだまだ文盛堂の思考力が足りないのでしょうか。
 
ビンチに期待します。
 
じゃあ.

ドック

人間ドックには1度だけ行ったことがあります。
もう何年も行っていません。
 
そろそろ行きたいと思っていますが、
なかなか一歩が出ないのです。
人間ドックの申し込みもネットでできると
スムースに一歩が出ると思うのですが、
利権問題でもあるのでしょうね。
 
住所や名前を何度も何ども書かされたり
国家的なシステムって時代についていけず情けないくらいです。
この時代に一度登録すればデータベースから引っ張ってこれないなんて
どうかしていますね。
若い役人は気付いていると思うのですが、
職場に長くいると古い体質の職場ウイルスに汚染され
何もしないのが美德になって行くのでしょう。
 
印刷仕事で使うコンピュータ、道具や機械は定期的に
メンテナンスをしているのに自分の体は……。
一番大切なのは自分でなければいけません。
 
自分はコンピュータでいうとOSになるのかな。
自分が壊れたら、いろいろなアプリが動かせず
手配ができなくなりますからね。
皆さん、なかなか自分を好きになれない(私だけ?)と思いますが、
もっともっと自分を大切にしてくださいね。
行き過ぎたナルシストは困りますが……。

OS(自分)も時代とともにアップデート、バージョンアップを
進んでしなければいけませんね。悪いウイルスに侵されますからね。
良いウイルスに侵されたいものです。
 
先日受けたレントゲン。今年のバリウムは飲みやすかったです。
品質が変わったのかな。バージョンアップ?!
それでも検査後はバリウムが腸のあたりに
しばらく滞在しているのが気になり1日くらいはトイレとお友達です。
乳酸菌のように体に良いバリウムならいくらでも飲みますけどねー。
バリウムのアップデートをお願いしたいです。
 
じゃあ.

まだまだTシャツ

夏の終わりですが、
Tシャツの注文が入ってきました。
酒屋さんです。
 
一日に何度も着替えるので
何枚あってもいいそうです。
 
適当なTシャツで仕事するより、
店名や社名が入っているTシャツは
身が引き締まり仕事ができるのではないでしょうか。
 
3枚ともバックにプリントしました。
Tシャツ自体が3枚とも違う色(白、黒、紺)で個性がありますね。
 
許可を取っていないのでプリント面はお見せできません。
m(__)m

Tシャツプリント

職種にもよりますが、夏服は作業着をよりTシャツで名入れをするのも一つの考えです。
まだまだ暑い日が続きます。
 
じゃあ.

カタログで Always Think

断捨離中にふと思った。
昔はカタログ通販が主だったんだ。
つい数年前なのに…。
 
カタログ通販
 
まず、カタログを注文(取寄せ)して、
商品はフリーダイヤルで注文していたんですね。
当時はカタログの出来、不出来で売り上げが左右したのか、
撮影や印刷にお金をかけていいものを作っていました。
 
カラー印刷に加え金、銀、特色、蛍光色、
グロス、マットコーティングを加えて高級に作ってあります。
グラフィック オタクにはたまりません!
そんなんでカタログやパンフレットをたくさん集めていました。
 
インターネットの台頭でカタログを注文せず、
直接注文することができるようになりました。
電話で注文せず、画面から自分で入力し注文することで、
オペレーターが減り、注文の取り違えも減りました。
今や当たり前ですが革命なんですね。
 
かなりの数のカタログが世からなくなったと思います。
印刷屋は泣いています。
その勢いを止めることはできませんでした。
 
自分の業界内はなかなかわからないものです。
ペーパーレスと自分で言っていても
こうやって断捨離中に実感すると印刷屋は大変な業界です。
他の業界から見たらすごく大変な業界に見えるでしょうね。
一般ピーポーの自分が気づいた頃には、
急速に変革が起きているのでしょうね。
 
最先端についていく必要はないですが、
考えましょう。

Always Think.
 
じゃあ.