page2018に行ってきた

柏崎ー長岡の電車が運転見合わせの中、
page2018に行ってきました。

page2018

セミナー会場へ向かう渡り廊下のポスターです。
 
pageでは初めてのコンファレンス1コマとセミナー2コマを聴講してきました。
コンファレンスとセミナーの違いがよくわからなかったのですが、
今回は、コンファレンスは事例、報告会、
セミナーは講習のように分けていたのでしょう。
 
地域活性のコンファレンスは3地域での事例。
当然ながら地域を巻き込んでのイベントなどを開催し、
印刷会社の役割をお話しされました。
参考にさせてもらいます。
 
セミナーは、webに関しての営業方法を含めテクニック的なお話でした。
今後の印刷業界を少し考えさせられるお話がたくさん出てきます。
コンファレンスより、目から鱗でした。
 
地域で仕事をしていると
提案などして仕事をすることが決して多くはありません。
お客様が古くからあるので
そこと上手く付き合って行けば
会社は安泰だった時期が長かったのです。
そのため提案力がついていない印刷会社が
ほとんどになったのでしょう。
 
さて文盛堂はどうするか。
提案のできる印刷会社になります。
比較的デジタルに強い印刷会社の方ですが、
それをさらに強みにする会社になります。
 
それにはどうすればいいか、
ゴールさえ決めればあとはフローです。
 
それにしても東京は大都会だ。
文盛堂の社窓からだったらカッコいいのですが、
ホテルの窓から。
 
v
 
じゃあ.

雪が多いぞ、仕事にならない。

月曜日から豪雪です。
前日に除雪をし、まっさらにしていた駐車場ですが、
朝には60-70cmは積もったのではないでしょうか。
もう雪の捨て場がありません。
災害レベルではないでしょうか。
世間も外出を控えますね。
経済が停滞します。
 
文盛堂の社窓から
文盛堂の社窓から
 
一気に雪が降ったので
雪の重みで枝が折れそう。
 
公共交通が麻痺しています。
今年になってJRの運転見合わせや運休は何回あったのでしょう。
物資の調達ができなくなるのかと思いますが、
運送業者は荷物を運んできました。
そんなに頑張らなくてもいいかとも思います。

この冬がこんなに大雪になると誰も予想できませんでした。
未来のことは誰もわかりませんね。
何が起こるかわかりませんね。
リーマンショックがわかっていたら
リーマンBros.も潰れなかったでしょう。
リーマンショックは日本でもいろいろ影響がありましたね。
震災も誰もわかりません。
未来は誰もわからないのです。
最近、つくづくそんなことを思います。
なので、今までの感と度胸でいろいろやった方がいいですね。
ただし、無鉄砲はいけませんよ。無鉄砲は。
 
自分の得意なこと、好きなことを
伸ばしたり、やったりした方がいいですね。
 
今年で除雪が上手くなりました。
綺麗になった敷地を見ると気分はいいものです。
仕事にすればいいのですが、悲しいことに
いくら雪国でも1年中雪は降りません。
 
印刷会社で働いている方は、
比較的器用な方が多いと感じます。
こだわりを持っている方も多いと感じます。
その辺を生かして仕事にすればハッピーですね。
 
そんなことがヒントになればと思います。
 
 
じゃあ.
 

雪国は辛いよ

除雪車の音で目が覚めました。
そんな日は要注意です。
 
除雪車は道路を大胆に除雪します。
その副産物として路肩に雪を置いていきます。
文盛堂の入り口も同じです。
 
除雪でいい汗をかきました。
そしてすでにクタクタです。
これも仕事ですからね。
雪国は生産性悪いですね。
今日は、もう仕事が終わったような気がします。

文盛堂の社窓から
 
文盛堂の社窓から
 

amazon echoがやってきた

AIスピーカーの
amazon echoが届きました。
数日前に招待メールが届きすぐに注文。
 
amazon echo

AIスピーカーに「アレクサ、 ***して」と話しかけると答えてくれます。
天気予報や時刻、タイマーなんかはすぐに使えます。
あらかじめスマホアプリからスキル(アプリみたいなもの)を登録しておくと
さらに機能が拡張されます。
今後スキルは各社からどんどん出ていてくるでしょう。
 

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

新品価格
¥5,980から
(2017/12/1 08:50時点)

クックパッドなんかは便利ですね。 
キッチンでは手が濡れているので両手がふさがっていても情報を得られます。
ふと、アレクサが長く答えると最初に言ったことを覚えられないのでは!?と
思っていましたが、ちゃんと文字で履歴がスマホの方に記録されていました。
文字って偉大です。
 

次に買うとしたらこれかな。
リビングでいい音で聴きたいし、スマート家電を使いたい。

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

新品価格
¥17,980から
(2017/12/1 08:50時点)


 
Googleも興味があります。
 
今後はGoogleのAIを積んだSONYやSiriのAppleからも出ますね。
こちらはちょっと高価なので機能がどうなるかですかね。
 
AIの方はどうやらAmazon, Google, Appleの3社の独占になるのかな。
国産は開発できなかったのでしょうかね。
  
最近思うこと。ITやスマート機器に人間が合わせられるか、合わせられないか。
合わせられる人間には有益な未来が待っていると思います。
機器と上手くお付き合いできれば便利で効率的な人生を送れます。
 
もう少なくなってきましたが例えばいまだにガラケーを使っている方。
電話の使い勝手がいいのはスマホよりガラケーの方だと思いますが、
もう電話の時代ではありません。次第に情報弱者になるでしょう。
他にもDVDやメモリーでファイルをやりとりしている方。
紛失によるデータ漏洩とやりとりの配送経費や手間。
究極はデジタルデータを扱えない人は、
資料のやりとりや管理ができなく仕事ができないでしょう。
 
そのうちキーボードとマウスを使っている人は、
効率が悪く仕事ができない人の分類になるかもしれません。
スマホですらどうなるかわかりませんね。
 
ここ数年、時代の変わり目を感じています。
ついていかなくては会社の存続が危ぶまれるかもしれません。
2000年頃から第四の波とかIT革命が叫ばれました。
ジワジワきてますね。ジャブが効いてきました。
何事も急に物事は起こりませんが気付いた時には遅いのです!?
印刷も革命だったんですよ。ルネッサンスの頃は。
 
じゃあ.

タイヤ交換から印刷物

晴れの合間を縫って
やっとタイヤ交換をしました。
 
タイヤ交換
 
地方都市は自動車が一般的な移動手段です。
冬はタイヤ交換をしなければ仕事になりません。
お金がかかりますね。
 
スタッドレスタイヤは軽自動車が4本で2,3万円から、
ミニバンとか大きな車だと4本で10万超えです。
燃費は悪くなるし、タイヤ交換をGSやショップでお願いしたら
4本で2,3千円かかります。
雪国って大変です。
 
冬の仕事の場合でも、
経費がかかっている分を請求する訳ではありません。
運送会社も冬だからと言って冬料金は設定していないと思いますが、
全国で仕事をしている運送会社なら、
まあ一部の地域だし、2,3か月だけ我慢すればいいか!?くらいの考えでしょう。
 
雪国で地域密着の仕事をしている会社はそうは行きません。
雀の涙程度の利益から冬の経費を捻出しているのです。
その辺、ホテル業界は需要と供給をいち早く察知し、
その日その日の価格を設定します。
 
印刷会社も見習わなければいけないかと思っています。
印刷物は温湿度によって仕上がりが左右されます。
工場では空調を使い、スタッドレスタイヤを履いた車で納品します。
大雪になれば会社敷地を土木業者さんに除雪してもらいます。
冬の印刷物は価格が高くなってもおかしくないと思うのですが、
そんなことをしていたら仕事が来なくなってしまいます。
 
印刷物の需要と供給のバランスが悪いのですね。
なんとかそこから脱却しなければいけませんね。
 
自分でタイヤ交換を慌ててしたら
背中が筋肉痛になりました。
いいことありません。
せっかくタイヤ交換をしたのだから
スキーにでも行かないともったいないですね。
  
じゃあ.