何を考える

先日、飲食店の経営者とお会いし、
少し話すことができました。
 
このまま行くと売り上げは半分以下に落ち、
夏過ぎには資金ショートを起こすところは多くあると聞きました。
この方は、資金の計画などしっかりしています。
何とか乗り越えて行くでしょう。
 
小規模事業所の中では給付金の申請すらスルーするところが
多くあると聞きます。
今までは、面倒なことは目を背けても仕事が入ってくるので何とかやって来れました。
自分の仕事をしっかりしていれば生活をやっていけました。
日本が成長していたからです。
営業、労務的なところなど気にせず成長できました。
 
今のように日本の成長が止まると八方塞がりです。
身動きが取れない小規模事業所は多いと思います。
今まで、営業、労務など経営的なことをほとんどやったことがなかったのです。
何もしなければ(できなければ)、仕事は下降線をたどるばかりです。
 
会社の継続を考えるならここで嫌なことにも向き合って行かなければいけません。
この苦境でステップアップするか、
スローダウンしてなくなるか、経営者次第です。
 
「人の振り見て我が振りなおせ」
 
文盛堂はステップアップしたいです。
  
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください