小さい印刷会社がGWに思った

日曜日や祝日だから休む。
そんな決まりはありません。
 
集中力があるときに働き、集中力がないときには休む。
それが自然の摂理なのではないでしょうか。
 
集中力がない時に働いても効率は悪いです。
「休みを長く取ると仕事をしたくなる」と本で読んだことがある。
確かにそういうことってあると思います。
そう思うと定休日って自然ではない。
 
そうは言ってもチームで動いている仕事は、
誰か1人が欠けたら回らない。
当然そういう仕事もあるでしょう。
しかし常に忙しい訳ではないと思います。
 
スポーツに例えると
試合に合わせて体調は整えるもの。
オリンピックに出たいなら選考会に合わせて体調を整えます。
あたりまえ。
仕事が忙しくなることがわかっているのであれば、
その日に合わせて体調を整えておかなければいけません。
乱れた生活をしていて「集中力がない」、「働きたくない」は問答無用。
 
忙しい時に集中力がないと仕事になりません。
大して忙しくない時に集中力を使ってももったいないですね。
やはり定休日っておかしい。
 
ただ日本中が、土日祝を休みにしているところが多いので、
自然と仕事は暇になります。
サービス業はその反対ですね。
 
会社の規模が大きくなると
1日の電気代、空調代などがかさんでしまうので、
経費を考え「みんなで休みましょう」年間の電気代、空調代を節約したい。となるんでしょうね。
やはり会社の規模が小さい方が
より自由度が高く小回りは効きますね。
電気代や空調代も小さな部屋なのでそんなにかかりません。
 
apple parkのように自社電力の100%を再生可能エネルギーに
できればいろいろなことが可能となるでしょう。
当然、設置には経費がかかるので、
その点も小規模事業所がいいかも知れません。
印刷機とか機械の電力は別として、
文盛堂で仕事をするに必要な太陽光パネル設置費は、
どれくらいの金額がかかるのでしょうかね。
やりたいな。
 
小さいことはいいことだ!

less is more
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください