やっぱり裏目標は持つべき

仕事は誰とやるかが大切ですが、
そんな思い通りにはならないのが現実です。

  • 最新の設備を入れたい
  • 快適でおしゃれなオフィスで仕事がしたい
  • 気の合う仲間と仕事をしたい
  • 気の合う取引先と仕事をしたい
  • etc…

やろうと思えばできないこともありません。
ただ収支のバランスがあっての企業や組織です。
目標を自分勝手に持って違う方向に進めると存続すら危ぶまれます。
存続ができなければ何もなりませんね。
 
しかしですよ。勝手に目標を持つのは日々の励みになります。
裏目標とでも言うのでしょうか。
欲張らず、少しずつは理想の目標に近づけることは可能です。
資料として残すのではなく自分の頭の中だけ忍ばすのです。
そして何より無料です。
例えば工場の板金塗装をする時に理想の色にするとか。
修繕費をオーバーしなければOKでしょう。
大きな設備投資などはなかなかできませんが、
環境など少しずつ理想に近づけることはできます。
それを楽しみにするのもいいですね。
 
最大の目標は印刷会社の存続であり、
そのあとに裏目標が達成される。
 
そのために仕事に集中しましょう。
 
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください