文盛堂にはCO2が合っている

皆さんも一度や二度、時代の先に行こうと
新しい商品を開発しようと思ったことがあると思います。
 
大企業でない私たちは、そこを頑張ってはいけません。
開発したところで売ることができるのは一部の大企業です。
たまに画期的な商品を開発しニュースなどで取り上げられますが、
その先の話をあまり耳にしません。
普通の企業は開発してチヤホヤされて終わりです。
マスコミも悪いんでしょうけどね。
  
仕事として、新しい商品開発してを売るには
お金と全国に散らばれるマンパワーが必要です。
普通の会社ではなかなか難しいのです。。。 
そこでものを売ることのできない一般企業は、
作ることに専念するのです。
 
と、ここまでは過去の話です。
 
今の時代、SNSがあり情報をいとも簡単に拡散できます。
またクラウドファンディングがあり、
素晴らしい企画やアイディアにはお金が集められます。
 
個人の頑張りが国を良くすると思います。

時代の流れが早いので商品寿命が短くなって居ます。
次から次へと商品開発をしなければいけません。
小さい会社だからこそ小回りが効くのです。
 
画期的なことは必要ありません。
大きな仕事は必要ありません。
 
文盛堂のスローガンにありますが、
(今、決めました)
「小さく産んで、大きく大きく育てる」
別名”CO2″です。
 
時間をかけて育てるのが
文盛堂の企業体質に合っているのではないでしょうか。
 
じゃあ.
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です