バックアップの分類

毎日少しずつはデータのバックアップをとってます。
データは大まかに時間軸で分類し、
その中に関連先のフォルダを作っています。
西暦で分けるのか年度で分けるのか…。
ここが悩みどころ。
分類って難しい。
 
日本の学校で教育を受けましたので、
小さい頃から年度で分類したりするのですがやっぱり不便。
一般のモノやコトは西暦で分けているのですが、
行政関連は3月が年度の区切りなんです。
毎月くる通知なら西暦で分けられますが、
納税証明なんかは年度内で何度かに分かれて送られてきますので、
平成**年度完納分とフォルダは年度で分けないといけません。
 
新元号が4月1日に公表すると明らかにしました。
個人的には新元号は興味があります。
しかし、それより4月1日に「行政の会計の始まりは1月1日とします。」と
公表してもらいたいと期待しています。
昭和64年や平成元年のように期間を設けることも可能かと……。
今までも即位の礼と年度はずれていますからできない事はないと思います。
いろいろな面でとっても効率がよくなるのではないでしょうか。
 
ファイルの紛失も減ると思います。
それは個人の能力で関係ないかw
 
ちなみに文盛堂の会計年度のはじまりは7月1日です。
  
じゃあ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください