手帳を見直す

来年の手帳は用意しましたか。
スケジュール管理ははもっぱらスマホで管理をしています。
ToDo管理もスマホです。
打ち合わせなどの場合だけ手帳に書くということをしています。
 
今まではデジタル時代に対応するため無理してスマホで管理していました。
スマホで管理しながらも、ずっと手書きの方が脳に残るような気がしていました。
ここへきて自分に合うことをするのがいいと決断。
スケジュール管理以外は手帳に戻します。
 
手帳は個人で使うものなので速記性が求められます。
そこはデジタルデバイスより紙とペンです。
目的や、やることのある人は常にメモを残す必要があります。
人間は忘れやすいです。(自分だけ!?)
10分後には忘れて次のことをしています。
自分の考えや気付きをみすみす逃すのはもったいないですね。
 
手帳も今までたくさん使ってきましたが、しっくりくるものがありません。
最近は、年初め(1月から)の手帳もありますし、
年度始め(4月から)の手帳もあります。
どちらでも自分にあったものを使うのが重要です。
 
しばらく手帳探しをしてみようと思っています。
ペーパーレスと言いながらも
共有物はデジタルが有効です。
個人管理はアナログがいいかもしれませんね。
デジタルとアナログを上手く使える人が
時間を有効に使え生産性を上げます。
印刷屋というわけではないですが、紙を上手く使いたいですね。 
 
じゃあ.