ウケることの大事さ

年間で本を何冊か読みますが、
先日、面白い本に出会いました。
「ウケる日記」
 
この本は、電車、バス内や待合いなど人のいるところではとても読めません。
ついつい声に出して笑ってしまいます。
健康にいいですね。
 
インターネットか何かで紹介されていたので思わず購入。
作者は「夢をかなえるゾウ」で有名な水野敬也さん。
(未読です。すみません。)

ウケる日記

新品価格
¥1,416から
(2019/2/6 08:26時点)

ブログからの書籍です。
内容は下ネタが多く含まれていますが、
言葉の言い回しなど秀逸で大変参考になります。
こういう言葉の表現があるのかとホント尊敬です。
  
文章を上手く書くには、多くの読書をして、たくさん書くしかありません。
繰り返しで書くことが上手くなります。
全くではないですが学校で習った文法を使って書くことはあまり意味がありません。
自分の言葉で書くことが大事かと思います。
 
同じことで絵を上手く書くには絵をたくさん鑑賞して、
たくさん書くしかありません。
学校で習った絵の書き方はあまり意味がありません。
自分の絵を描くことが大事です。
 
何事もすぐには上手くなりません。
最近はいろいろな場面でたくさんの選択肢があり、
数撃てば当たるみたいな風潮ですが、
基本は「ハマることと経験と継続」です。
 
面白い文章を書けるようになりたいものですわ。
 
社会ではウケることが大事だと思うんですよ。
デザインなんて最たるものです。
対人間、対環境などターゲットがあります。
 
ウケないことは社会で不要かもしれません。
不要とは言い過ぎかもしれませんが、
個人で楽しんでいればいいのです。
 
じゃあ.