LINE公式アカウント承認

文盛堂のLINE公式アカウントが認証済みアカウントの審査の結果、
「承認」となりました。

文盛堂印刷所の前に青のバッヂがつきます。 
 
承認済みアカウントとは…
LINEアプリのキーワード検索に結果が出てきます。
王道の緑のバッヂは膨大な費用をかけ大規模に
LINEを使用している企業や有名な方です。
普通は青バッヂでしょう。
 
またグレーのバッヂはLINEが審査をしていないので
怪しいアカウントも多いのではないでしょうか。
無料プレゼント!とか気をつけましょうね。
 
青いバッヂのLINE公式アカウントも有料のものと無料使用もあります。
企業や店舗の方はまず無料のものを作って申請してみ流のが
いいのではないでしょうか。
ガッチリ使って成果をあげられれば有料に移行してそれはそれでいいと思います。

情報伝達媒体をITに移行することはこれからの主流です。
印刷会社が断言します。
文盛堂が断言します。
しかし、100% ITに移行とはならず印刷物と平行です。
 
当然新しいものはまだ簡単には移行できず手がかかります。
今までのインターネットの流れからです。
その辺をスムースに移行できる様に相談相手になるのが
印刷会社の役割かもしれません。
 
ホームページをなかなか立ち上げられない企業って今でも多くあると思います。
社会と付き合うのであれば必須です。
自社では、なかなか手がつけられません。
それはそうです。今までも会社案内など
印刷物を自社内でやっていたでしょうか。
やらなかったと思います。もちろん、できるものとできないものがあります。
どちらにしても取り引きのある印刷会社の指導がポイントです。
長いお付き合いのはずですから。
 
飛び込み営業のセールスやフリーの飛び込み営業ではお付き合いが
完成(納品)した時点で終わってしまい。
そのまま放置プレーなんてのも多く見受けます。
 
企業も店舗も簡単にチャチャっとIT移行と運営なんてできれば苦労しません。
不景気なんて起こりません。
印刷会社はその辺をお付き合いの中で
手伝っていかなければいけません。
 
印刷物もITも製作が重要でなく運営が大事です。
運営です。印刷会社がやらなければなりません。
 
がんばろっと。

じゃあ.