ヤベェ奴が来た

調べ物をしていたらネットで紹介されていたので購入。
絶版になので慌ててポチって、
そんで届いたらヤベェ厚さでした。約650ページ。
知らないって幸せですね。

「ヴァージン -僕は世界を変えていく-」
 
普通の書籍が200ページ強なので約3倍の読み応え。

ヴァージン 僕は世界を変えていく

ちなみに「実行力」と「メモの魔力」は比較のためで読了しています。

何冊か本がたまっているのでまだ読みませんが、
本音は、ビビっててまだ読んでいません。
なかなか手に取る勇気がありません。
まあ、過去にもこれ以上のボリュームの本を読んでいますので免疫はあります。
年内読了を目指し頑張ります。
 
本は2, 3冊を並行に読みます。
「ヴァージン -僕は世界を変えていく-」を読む間に何冊読み終えるのでしょうか。
多分、ヴァージンを優先的に読むことになると思います。
だって、楽しみは楽しみなのです。
 
破天荒な人が好きなんですよ。
パタゴニアのイヴォン・シュイナードやナイキのフィル・ナイト。
どちらもハラハラ、ドキドキの人生。
無い物ねだりなんでしょうね。

SHOE DOG(シュードッグ)

新品価格
¥1,900から
(2019/11/1 08:27時点)

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

新品価格
¥2,200から
(2019/11/1 08:28時点)

伝記的な本はボリュームが出てしまうのでしょう。 
 
過去に電子書籍でボリュームのある本を読んだ事がありますが、
自分がどの位置を読んでいるのか全くわからずモヤモヤ感満載でした。
ボリュームのある本ほど紙の本がいいです。
雑誌は電子でいいのかもしれません。
その辺棲み分けが起きるかも知れませんね。

じゃあ.