除雪で体が引き締まってきた

先週の大雪で除雪を何日も続けてやっていたのに体重は減りませんでした。
除雪は疲れるので、ご飯が美味しいせいでしょうか。。。
 
体重が減らないことを悲しんでいる暇もなく、
時間があるときに端に積まれた雪の壁を崩しています。
そしたらそしたらお腹まわりが締まってきた感じがします。
体重の変化はないのですが、脂肪は燃焼していたのです。
 
除雪でシェイプアップはいいのですが、
印刷屋ならたくさん仕事が入って
印刷の終えた紙をたくさん上げたり下げたり運んだりして
体を引き締めたいものです。
 
現在、仕事が薄く
せっかくシェイプアップした体が肥えそうです。
 
じゃあ.

もう三連休、頭を使う。

年末年始の休み明けでもう三連休がきます。
素直に嬉しいです。
それにしてもまだ仕事の方は仕事が薄いのが現状です。
これからもコストを下げ効率を上げていかないと
今の時代についていけなくなってしまいます。
 
今まで通りの経営が通用しなくなって行くと
中小企業、小規模事業所の我々は
利益を上げることが至難の技となるかもしれません。
 
設備投資ができればいいのですが、
資金に余裕がないことが現状ではないでしょうか。
そこで頭を使ってなんとかしていかなければいけません。
それが簡単にできれば、みなさん苦労はしないのでしょう。
 
「言うは易く行うは難し」
 
どこの事業所も少しの余裕はあるかもしれませんが、
それにしてもこのままでは期限(資金)が迫ってきています。
周りが動いてから真似事のように動いてもなんとかなっていた時代は終わりました。
 
文盛堂は、今まで勢いだけでやってこれた面があります。
多分、実力なんてないのです。
そろそろ学生時代より頭を使わなければいけません。
 
じゃあ.

印刷会社を自覚しろ

昨年までの名刺を整理し断捨離をしました。
常日頃から整理整頓すればいいのですがねえ。
転勤した人、なくなった会社、思い入れがあり、
なかなか思い切って捨てられません。
 
物は捨てなければ溜まります。
溜める場所があると溜まります。
溜まる場所をなくせばいいのです。

最近はあまり名刺交換をしなくなりましたのでそう増えません。
それだけ出会いが少なくなったのです。
 
今年は名刺を集めることを目標にするのもいいですね。
ささやかな目標は良いですね。
 
ならば名刺交換して喜んでもらえる名刺でもを作ろうか。。。
名刺だけで文盛堂が繁栄すると思いませんが、
印刷会社なんだからしっかりしないといけません。
神は細部に宿る。
 
初心忘れるべからず。
 
名刺には使用期限があります。
ほとんどの人の古い名刺に価値はありません。
集めた名刺はその日のうちに整理しましょう。

じゃあ.

右か左か

思想の話しではないですよ。
人間は忘れる生き物です。
他人(他社)がやっていることに流され、羨ましく見えます。
自分の意思でないからすぐに忘れるのかもしれません。
 
小規模の印刷会社のほとんどは
経営の帰路に立たされているのではないでしょうか。
印刷会社に限ったことではないですね。
全ての小規模業者と言っても過言ではないでしょう。
 
右か左か。
 
経営は分かれ道で止まることができないのです。
時間軸を歩いているのですから。 
設備投資はしないといけません。
誤魔化し誤魔化ししてきた経営は
スパッと決めないといけない時がいずれ目の前に来ます。
投資をするのか。それは大きいのか。スケールダウンか。
今なのか、先なのか。
しない場合、できない場合は……
 
人と同じことをすれば考えずにすみますが、
それでは競争社会で結果は見えてきます。
脈略のない行動はいずれ朽ちるでしょう。
人が動かないと自分も動かない。
そんなことの結果が今に至っています。
 
何年か前もこんなことがあった気がします。
人は忘れる生き物を実感しています。
 
じゃあ.

大掃除のコツ

12月の毎週末、時間のある時に
自宅の窓拭きとか普段できない場所の掃除をするようにしています。
毎年、年末になってから慌てての大掃除を
今年は分割大掃除にしています。
 
大掃除は1日でやろうと思うと時間が足りなくなり
中途半端で終わってしまいます。
なんでも一発で決めようなんて上手くはいかないものです。
 
文盛堂の掃除もそろそろ分割大掃除をしたいと思います。
自宅と違って週末は休業なので
掃除の時間が取れない会社こそ
こまめにやることが必要だと思います。

まあ、通年やっていればいいだけのことです。
 
じゃあ.

師走も師歩も

時間は連続で動いています。
時間が流れて師走になりました。
昨日と大きく変わっていないのが現実です。
 
ニュースやインターネット、新聞では師走らしい情報を目にします。
また都市部ではクリスマスのディスプレイで雰囲気を出しています。
情報がなければ師走やクリスマスの雰囲気が演出されず、
変哲の無い日々が送られたのでしょう。
 
印刷の仕事は年末年始に向かって忙しくなっていたのですが、
すっかり過去のものとなっています。
紙屋さんも同じことを言っているので
全体的にそのようなことになっているのでしょう。
中には年末年始の仕事に特化しているところはあるでしょう。
そういうところは別とし
街が賑わっていても印刷物は減ってきたのです。

悲しいことに過去を振り返っても何も起こりません。
もう、師走だから年末年始だからと
仕事の恩恵はないのです。
 
政治も中小企業に対し動いてきているように感じます。
さて、わかっているならそれをどうするかです。
 
師が走らなければいけないのですかねw
まあ、走れ(動け)ばなんとかなるでしょう。
歩いてもいいかもしれません。
何もしないのが罪です。
「師歩」はなんて読むのでしょうね。
 
じゃあ.

俯瞰している場合ではない

なかなかいい話が聞こえてこない世の中です。
もう少しミクロに目を向けるとそれぞれの事業は
印刷事業者に限らず、察するにほとんどの企業の資産は減り
将来に希望が持てない日々を送っていると思います。
 
印刷業事業者は「仕事が減ってどうするのだ!?」
と嘆いても誰も何もしてくれないでしょう。
国がどうだ!地方行政がどうだ!と嘆いても誰も何もしてくれないでしょう。
そう、ここは民主主義の日本です。
 
どう機転を効かせるかが、今後の経営の分かれ道かもしれません。
 ・攻めるのか。
 ・守るのか。
 ・それとも何もしないのか。
  *ノーガード戦法は攻めに転じるので何もしない訳ではないです。
 
それぞれの状況によっての判断が必要となります。
責める経営ができるのは相当裕福な企業だけかもしれません。
国の政策がどうこう言っている前に、
自分の周りを良い方向へ持っていくことが大事です。
それぞれのリーダーが力を発揮する場面ですよ。
信頼を得る最大のチャンスです。
 
リーダーはチームにチャンスを持ってくることこそ仕事です。
ピンチはチャンス。
頑張りましょう。
 
じゃあ.

地球の歩き方よ

最近は、新型コロナウイルスのせいもあり、
すっかり外出することが少なくなりましたね。
旅行は、すっかり行っていません。
海外旅行に関してはもう何年も行っていません。
 
海外旅行の定番ガイドブックといえば「地球の歩き方」(ダイヤモンド・ビッグ社)です。
頑張れば、ポケットに入るA5のスリム型です。
その「地球の歩き方」が学研プラスに事業譲渡です。
(リンク: ダイヤモンド社)
 
文章を読むと新型コロナウイルスの影響のようで、
それに加えペーパーレスも見え隠れしています。
海外旅行の予定がなくてもガイドブックを買って夢見ていたものです。
 
それにしても廃刊ではないので事業は続きます。
旅行は絶対にガイドブックが素早く便利です。
ネットとの併用でさらに利用価値が上がると思うのですが、
海外旅行がしばらく行けませんからね。
 
早く平和が訪れ海外旅行行きたいです。
印刷屋なら4年に1度開催され
ドイツで行われる印刷最大の見本市 “drupa(ドルッパ)”とか行ってみたいもんです。
ただ2021年4月に行われる予定ですが出店社のキャンセルが出ています。
開催はできるのでしょうか!?
 
じゃあ.

ウィズ コロナで変わる変わらない

年末に向け少し仕事が入ってきました。よかったです。
忙しいとなぜかウキウキして充実します。
仕事は例年やっているもので、
この辺の仕事はウィズ コロナでも無くならないのでしょう。
 
そこそこの印刷物になると
相見積もりを通ってからの仕事になってきました。
それだけ印刷仕事に各社の付加価値は入っていないのだと思います。
印刷技術の進歩で印刷会社から粗悪品の印刷物はほとんどなくなりました。
昔はとんでもない仕上がりの印刷物が見られました。
今では、どこの印刷会社に頼んでもそこそこの品質です。
そうなると安い印刷会社を選ぶ流れはウィズ コロナでも変わらないのかと思います。
 
横一線の印刷会社でどう抜け出すか。
どこの経営者も悩みどころです。
忖度も一つの特徴かもしれません。
接待も一つの特徴かもしれません。
ただ、そういうやり方は変わってくるのかもしれません。
 
社会に対し真摯に対応することかな。
「社会に必要とされない = 不要」
ですからね。
 
じゃあ.

忘年会中止からの景気

忘年会シーズンに入りますね。
今年も忘年会の案内がファックスで届きました。
まずファックスでの案内を
来年からはSNSやメールに変えてもらいたいことが一つです。
 
話しは外れました。
 
で、その案内の内容ですが、
新型コロナウイルスの影響で中止の案内です。
まあ50人くらいかな!? そんな忘年会ですので、
今の状況を考えると止むを得ませんね。
 
飲食業の方は、春の歓送迎会、夏の納涼会、冬の忘新年会、
書き入れ時に大打撃です。大変なことと察します。
その後の2次会、帰宅のタクシーを使わないことも起きます。
さらにいろいろなことが絡み合っているのが市場です。
 
もちろん印刷業界は地域密着で仕事をしている業界ですので、
業界にとっても良い話ではありません。
まだまだ前年通りには戻りませんね。
この先も少々不安な今回の忘年会中止で感じます。
 
ウィズコロナを考えると
自宅で楽しむことを提案する商売がいいのかもしれませんね。
自宅で印刷キットとか。
インクジェットプリンタでいいかw
 
じゃあ.