仕事とは 時間とは

コビー・ブライアント(Kobe Bean Bryant)が事故で亡くなりました。
内容は以下のリンク。
日本経済新聞
 
スーパースターです。でした。41歳でした。
人生何が起こるかわかりません。人と比べたって何も起こりませんが、いろいろ考えさせられます。
事故は、自動車を運転していたって、歩いていたって、飛行機だって起こります。家の中で寝ていたって避けられないこともあるでしょう。誰でも事故に遭う確率は持っています。
何が言いたいかというと、仕事を通し、家庭を通し、自分の納得する人生を目指さなければ悔いが残るのかなぁと。きっと完璧な人生なんてありません。だが求めること、目指すことはできます。
 
このようなことが起こると気付かされます。時間は有限。やろうと思えばある程度のことはできます。時間があることが当たり前で、ダラダラと生きています。。。
 
未来は誰も予測できません。思い通りにはいきません。
文盛堂はもっと主体的にいかなければいけません。企業であるからには社会で存在していなければいけません。振り返ると仕事を楽な方へ導いていました。平和ボケは否めません。反省です。
 
じゃあ.

プレゼントのデザイン

プレゼントをいただきました。
9種類の小さなアロマです。なぜこんなに小さくて多いのか……

アロマ

販売元の思惑はたぶん、この中から気に入ったものがあれば買ってもらいたいのでしょうか。いきなり大きなものを買うのは高価なのでアロマ初心者にはありがたいです。

裏面の字が小さ過ぎます。計測したところだいたい3.5pt(ポイント)です。普段、本文などで目にする文字の大きさは9ptか10.5pt、大きいなあと思うと11ptです。3.5ptだと目の良い人でも相当頑張らないと読めません。作り手側の典型的な自己満足、”Bad Design” だと思います。
店頭ではきっと暗いことと文字が小さく読めないので購入をためらうでしょう。
 
せめて5ptか6ptくらいが可読できる最小の大きさと思います。
 
「人の振り見て我が振りなおせ」
 
じゃあ.

神社とは何か?お寺とは何か?

読了しました。
PEN BOOKS 神社とは何か?お寺とは何か?(2009)阪急コミュニケーションズ

ペンブックス4 神社とは何か? お寺とは何か? (Pen BOOKS)

新品価格
¥1,650から
(2020/1/21 07:59時点)

MOOK(ムック)です。ちなみにMOOKとはBOOK(書籍)とMAGAZINE(雑誌)がくっついた言葉です。その中間て感じの本ですかね。
 
神社とお寺などの違いがわかりやすく書いてあります。また日本の神話、仏教の教え、神道と仏教の生い立ちや歴史を知ることができ勉強になった1冊です。
なかなか学校では触れない部分は自分で調べないと教養を高められません。日本を見直すことができました。
 
御朱印帳が欲しくなりました。
 
じゃあ

火焔土器だ

私が愛して止まない「火焔土器」。縄文土器の中でも異彩を放っています。
そのレプリカが長岡駅の新幹線乗り場にあります。

火焔土器

これを見るたびに元気付けられます。
芸術家「岡本太郎」の言葉が記されています。
「……そういう、生きる意味をそこにつきつけられる思いがするからだ——-全身が、“ぶるぶる”ふるえあがった。」
 
「芸術は爆発だ!」と岡本太郎は言いました。人生も爆発です。ビッグバンです。世に生まれてきて生きて行くことは芸術。最近はチマチマしたアートが多くあります。デザインもそう。仕事が経営が小さくまとめようと働いています。文盛堂も振り返ると小さくまとまっています。たぶん今の時代は皆んな安定を求めています。もし安定があるのなら、それは今、この瞬間だけです。皆んながそこを求めているなら逆張りです。縄文人のように自分を信じて大胆に行くことが必要です。
 
この火焔土器は長岡駅の新幹線乗り場に入場しなければ見れません。そうそう新幹線に乗る事はありませんので久しぶりに行くと見入ってしまいます。忘れかけた頃に見ることができます。いい場所に設置してありますね。ありがたいです。
 
火焔土器を生み出すパワーはなんでしょう。
睡眠かな。
  
じゃあ.

雪のない大寒

昨年末に買った長靴ですが、大寒も過ぎたので履く事はないかもしれません。
袋から出していません。。。
長靴って履かなくてもゴムが劣化して行くんですよね (泣)

長靴

このまま雪は降らないのか、それとも最後に大雪が降るのか。自動車のスタッドレスタイヤも雪上でなければすり減っていきます。雪国はそれでも冬に備えて準備はしなければいけないのです。
 
まあ、長靴やタイヤくらいならいいのですが、スキー場の観光業は宿泊のキャンセル続きだと思います。雪がないので県外市外学校関係のスキーはできないでしょう。売り上げ半減ならまだしも、ゼロになってしまいます。
天気のことはスーパーコンピュータでも予測できません。仕方ないと言えば仕方ないのですが、今後新潟の冬観光は温暖化により雪頼みができないと考えた方がいいのかもしれませんね。次の一手がないと経営にならないかもしれません。
 
印刷会社もペーパーレスが進み次の一手があるのか!? 印刷業は大なり小なり、みなさん悩んでいるようです。スーパーコンピュータでも答えは出ないでしょう。
それぞれ環境が違うので他と同じことを進めても道は開けません。それぞれ目の前のことにベストを尽くせば道は開けるんじゃない。
 
じゃあ.