ToDo手帳Pocket作った

思い立ったら吉日。
ToDo手帳のポケット版を制作しました。
95mm*165mm(リング別)
 
自分で言うのもなんですが大変気に入っています。
資材は文盛堂にあるものでしべて完成しました。
また、加工も全て文盛堂内で行なっています。
ワンストップです。
 Made in BUNSEIDO.
 
そして某IT企業的に言えば、
Designed by Niigata.
 
表紙が風合いのあるボール紙も気に入っています。
  
文盛堂は印刷会社で良かったと実感中。

ToDo手帳Poket版外観
ToDo手帳Poket版中味

リングにペンをクリップして
今ではメインの手帳として使っています。
物忘れが減ったおかげで、
実際、生産性が上がっています。
 
会社に着き朝一番で手帳を開き、
ToDoを書き込みます。
スマホでToDoを入力するより、
手で書くことで脳を整理できるような気がします。
今では毎朝の儀式のようになっています。
下半分は電話が来た時のメモなどに使っています。
 
この手帳の最大のメリットは簡単に持ち運べること。
胸ポケットに入るので手を使わずに持ち運べます。
プライベートでも車の助手席にポンと置けばいいのです。
  
じゃあ.

やることやらないこと

まだ本格的ではないですが、
先週末から雪が降りました。
 
12月も中旬ですもんね。
当たり前なんですが嫌ですね。
 
久しぶりの文盛堂の社窓から

まあすぐに溶けそうです。
 
雪が降るのは嫌ですが、
自分の力でどうにかするのは無理です。
わかっているのなら諦めて対処するしかありません。
 
やる事とやらない事をしっかり判断すべきです。
そこをしっかりしないといつまでたっても
やれない事を考え時間を浪費して行くだけです。
 
妄想もいいのですが、現実を踏まえたほうがいいでしょう。
会社を良くすること(広い意味で)は妄想できますが、
現実化することもできます。
努力で何とかなることですね。

もちろんそのためにはお金が必要です。
意外と貯まりません。
 
努力で何とか……。なりますね。
小銭なら。

じゃあ.

メンテと市場

調整してもらった製版機。
二度三度と調子が悪い。
気温が下がる冬は何かとトラブルが起きるものですね。
 
ソフト的な問題ではなく機械的な問題。
東京から来ていただくのでスケジュールが合わなければ、
すぐに来れません。
毎年かなりの金額を購入して大お得意様になれれば
すぐに来てくれるのかも!?
それと出張費もバカになりません。
 
それより仕事が立て込んでいるので
そちらの方が間に合うか心配。
 
なんとかなるとはおも置いますが、
落ち着かない日々を送っています。
  
そんな時は遅れているオンデマンドの仕事を進めるのです。
 
オフセットの仕事をしていると
オンデマンドの仕事ってシャープさがかけていて
スカッとしません。
しかし、その辺の判断はお客様ですからね。
 
それとも、「いや、文盛堂は高品質のオフセット印刷しかしません!」
と、そう言い続けるのもありかと思います。
ただ悲しいことに地方都市だと市場がとても小さいのです。。。。
信念を通したいなら市場を変えることかもしれません。
 
市場が大きいところならメンテナンスもすぐに来てくれるかもしれませんからね。
 
じゃあ.

ToDo手帳 pocket制作中

前回の文盛堂オリジナルのToDo手帳ですが、
社内ではデスクに広げっぱなしで使い、
出かけるときはカバンに入れて持ち運びます。
仕事に使うには申し分ないです。
 
しかし、プライベートで持ち運ぶとなると少し大きい。
外出するときなどちょくちょくパタゴニアのバック、アトム スリングを使っています。

[パタゴニア]patagonia アトムスリング Atom Sling 8L ボディバッグ 48261 Sprouted Green/SPTG

新品価格
¥14,800から
(2018/11/21 08:39時点)

あまり重いものを入れたくないので持ち運びしやすいポケットサイズの
ToDo手帳を考えています。
 
スマホと一つの手帳で全てを完結したいので考えます。
いやそれとも仕事とプライベートは分けたほうがいいのかな。
まあ、何事も挑戦ですよ。
作ってみて良い方を使えばいいのです。
乞うご期待。
 
じゃあ.

11月のプレミアムフライデー

もうすっかりお忘れと思いますが、
本日はプレミアムフライデーじゃないですか!?
文盛堂はなんとかプレミアムフライデーを実行しようと思います。
 
今、文盛堂の社内では東京からメーカーのメンテさんが来て作業しています。
(出張費を含めた請求額が怖いですが…)
思ったより早く終わりそうなので
プレイアムフライデー実行できるかなw
  
来週月曜日の段取りだけ上手くやりましょう。
 
じゃあ.