中学生もいいが、今がいい。

公立高校の入試倍率が発表されました。
我が柏崎地域は1クラス減になり、
4校でなんとか1.00倍を超えました。
これを見ても少子化が伺われます。
ちなみに、昨年は、4校のうち3校が1.00倍を切っていました。
 
近年は、我が地域でトップの進学校の人気がありません。
勉強やスポーツで優秀な生徒は、地域外の高校に進学してしまいます。
我が地域トップの進学校に進んでも
一握りの生徒だけが国公立に進み、
その他、ほとんどの生徒は普通並みの大学や専門学校の進学となります。
まあ、国公立に進んだから幸せとは限りませんが。
 
現代の日本の就職で人気企業を目指すなら、
未だに学歴がモノを言っています。
応募が数千人とか時間の問題で全員面接していられません。
 
ただ、就職がゴールではありません。
「人気企業 = 優良企業」とは限りません。
就職先が自分に合わなければ、辛い毎日になります。
 
それならスポーツや他での活躍、また活躍できなくても
一生懸命向き合った方が大学卒業後は社会に適応できるかもしれません。
就職も希望のところに入れるかもしれません。
 
どちらにしろ、一生懸命取り組むことが大事です。
 
一流と言われる大学以外は、ほとんど横並びで、
ましてや競争社会の現代となると一流だろうが五流だろうが、
どこの学校を出たことは全く関係なく、
実績と信頼、人間性が全てとなります。
 
そう考えると、どこの高校を出たとかは
社会では全くの論外となります。
自分が「どこの高校だったかな?」と記憶が無くなっても
全然問題ありません。
社会は実績と信頼、人間性です。
 
最近は、大企業がスピード時代に合わなくなってきたのか
崩壊が始まりかけています。
40年前(親世代)の「大企業だけが就職先!」ではなくなり、
自分の得意な分野のある会社が多くありますので、
選択は多岐にわたってあります。
 
一昔前の金融機関や公務員が親の入れたい企業でしたが、
どちらも時代にそぐわないので学生からは人気がなくなっています。
30年前の思考の親は、未だにその辺に入れたがっていますね。
学習塾に入れたがる親にその傾向が多い気がします。
 
で、happy!とは何か?
過去はどうで良いのです。
未来もどうでも良いのです。こればかりは誰もわかりませんしね。
何が重要かというと。今が大事なのです。
 
今自分に、Am I happy?と尋ねてみてはと思います。
もしI’m not happy.と答えたならば、
簡単なことです。 happy になれるよう努力をするのみです。
 
何が happy かは人それぞれです。あなたと私では全く違います。
人に合わせる必要は全くありません。
中学生も高校生も黙っていては happy には向かいません。
もちろん社会人もです。
 
未来がある中学生、高校生は羨ましいのですが、
人を羨ましがっても、
過去を振り返っても何も始まりません。
自分をどう持っていくかが大事です。
好きなこと、得意なことを一生懸命することがいいですよ。
過去はどうでもいいのです。
ホントです。
  
じゃあ.

印刷会社は羽と針を取り返す。

仕事が盛り上がってきません。
地方の印刷業界は頑張らなければいけませんね。
と、言うより文盛堂が頑張らなくてはいけません。
 
いろいろインプットをしたのですが、
アウトプットの難しさを目の当たりにしています。
そんなんでまず文盛堂のウェブサイトの整理を考えています。
 
それって意味がある?のかと自分でも思いますが、
とりあえず行動です。
行動しながら考えが浮かぶこともあるでしょう。
それが先日に記しました、
やる気スイッチが入らない時の時間の使い方です。
 
これだと思ったことをやればいいのです。
エイ!ヤー!です。
今年のテーマにもしていますね。
 
本当は隙間時間がないくらい忙しいのが理想ですが、
なんとなくですが、どうやらこれ以上仕事が
増えることが難しそうな様相です。
 
正面から戦っても疲弊するだけです。
そうなると斜めから戦うことが良さそうです。
 
プロボクサーのモハメッド・アリは、
— 
蝶のように舞い、蜂のように刺す。
Float like a butterfly, sting like a bee.

ヘビー級なのに、そんな戦法で世界を制しました。
 
スポーツも経営も似ているところが多々あります。
頭を使わないといけません。
それ以前に行動をしないといけません。
 
アリもリングに立ったから世界を制したのです。
 
じゃあ.

やる気スイッチ

今月は大雪のせいにする訳ではないのですが、
除雪疲れもありどうも疲弊感が漂っています。
 
やる気スイッチが入りません。
やる気スイッチが見当たりません。
 
そう言っているうちって華なんですよ。
 
多分、忙しい人ってそんなことを考えている場合ではなく、
目の前のことに向かっているのだと思います。
 
平昌オリンピックが行われています。
そこに参加している人が、
やる気スイッチが入らない。。。なんて言わないと思います。
目の前のやることがあるからです。
忙しいのです。
自分の出番ではなく、
体を休めている時も脳は活性していると思います。
 
人とコミュニケーションを取るため、
また、やる気のないことを美化するために
やる気スイッチのせいにするのは必要なことかもしれません。
しかし!それもアリですね。
 
やる気スイッチが入らないときは
時間を自分に使えるときなのです。
隙間時間の使い方がわからないだけで、
幸せな時間なのです。
読書でもしたらいいと思いますよ。
きっと読書の途中で何かに気付きますよ。
  
じゃあ.

大都会で感じたこと

先日、東京に行ったので感じたことを書きますね。
 
地方の中堅くらいの都市で生活をしていると
バレンタインやクリスマスなどのイベント雰囲気が今ひとつ伝わってきません。
悲しいことにイベント関連のディスプレイがほとんどありません。
それだけ、まちに余裕がないのか。。。
さすがにお正月は縁起を担ぐ意味もあり各商店が飾り付けはしますね。
一般家庭もしますもんね。
その辺、大都会は華やかですね。
優しい気持ちになりますね。
 
バレンタインのディスプレイ
 
「人が多い = 贅沢が多い = 仕事が多い = 競争が多い」
 
それが大都市。全てが多いんですね。

その弊害が満員電車。
満員電車を久し振りに経験しました。
人間の乗る乗り物ではないですね。
乗っている間、人間扱いされていない気になりました。
不慣れな者には耐えられ難いものがあります。
 
東京は有名企業や大学が多くあります。
仕事と勉強をするところですね。
  
国立新美術館
  
写真は国立新美術館
いつまで新美術館と言い続けるのか楽しみです。
設計は黒川紀章。
 
ここの宙に浮いたようなレストランのロケーションに憧れていたので、
ついに入ることができました。
Modern!
 
国立新美術館 3Fレストラン
 
レストランの説明は→こちらからの方が詳しいのでリンクからどうぞ。
 
田舎に住んでいると大都会は観光地です。
たまに行くからいいのです。
毎日、銀座や新宿には行かなくていいです。
 
GINZA SIX

新宿の夜景

まあ、個人の嗜好ですね。
満員電車はダメですわ。
 
じゃあ.

page2018に行ってきた

柏崎ー長岡の電車が運転見合わせの中、
page2018に行ってきました。

page2018

セミナー会場へ向かう渡り廊下のポスターです。
 
pageでは初めてのコンファレンス1コマとセミナー2コマを聴講してきました。
コンファレンスとセミナーの違いがよくわからなかったのですが、
今回は、コンファレンスは事例、報告会、
セミナーは講習のように分けていたのでしょう。
 
地域活性のコンファレンスは3地域での事例。
当然ながら地域を巻き込んでのイベントなどを開催し、
印刷会社の役割をお話しされました。
参考にさせてもらいます。
 
セミナーは、webに関しての営業方法を含めテクニック的なお話でした。
今後の印刷業界を少し考えさせられるお話がたくさん出てきます。
コンファレンスより、目から鱗でした。
 
地域で仕事をしていると
提案などして仕事をすることが決して多くはありません。
お客様が古くからあるので
そこと上手く付き合って行けば
会社は安泰だった時期が長かったのです。
そのため提案力がついていない印刷会社が
ほとんどになったのでしょう。
 
さて文盛堂はどうするか。
提案のできる印刷会社になります。
比較的デジタルに強い印刷会社の方ですが、
それをさらに強みにする会社になります。
 
それにはどうすればいいか、
ゴールさえ決めればあとはフローです。
 
それにしても東京は大都会だ。
文盛堂の社窓からだったらカッコいいのですが、
ホテルの窓から。
 
v
 
じゃあ.