決定と決める

覚えている範囲になりますが、
2000年頃の12月となると、
年内に収める印刷物、年賀状印刷を休日返上で
仕事をしていたものです。
 
今となると…おとなしいもので、
12月も後半になると仕事が落ち着いてきます。
現在、仕事がおとなしいということは、
年明けも急に仕事は動きません。
 
「年末の印刷屋さんは忙しいですよねー」が
12月の挨拶言葉だったのはどこ吹く風です。
今でもその言葉で話しかけてくる方がいらっしゃいますが、
時代の流れをわかっていない人なのか、
何も考えていない人だと思います。
ちなみに印刷屋が忙しいのは3月です。
印刷屋だけではなく日本中が忙しいので、
単にその恩恵ですね。
 
今までは、12月と3月の2つの
売り上げの山があったのが
今では3月一つの山となっています。
12月の売り上は今となれば普通の月並みとなっています。
当然、大企業を除く日本中の印刷会社の経営は大変と思います。
 
大変なことは印刷会社に限らず皆さん不況を肌で感じていると思います。
そこで重要なのはどうするか。どうしたいか。を決めることです。
経営者の仕事は決めることがほとんでです。
逆に決められないようなら経営者じゃなくて誰でもいいですね。
先送りが得意な組織はいずれ沈没します。
 
「決定する」と「決める」ことは似て非なるもの。
決定することは決めたことに判を押すことです。
決めたことが good idea であれば時間はかかりません。
 
決定することはできても組織のやることを決めるのは
時間がかかり諦めてしまいがち。
机に向かって決めようと思えば思うほど辻褄が合わなくなり時間がかかります。
自分に自信づけができないのです。
そして先送りのパターンになりやすいので、
辻褄が合わなくても決めればいいのかもしれません。
やってみなければどうなるかわかりませんからね。
 
と言いながら「決めること」を自分に言い聞かせています。
 
じゃあ.

経営と存続

日本は12月が年変わり、
3月が年度変わりとなっています。
会社や学校単位によっては他の月が、
それぞれ前期、後期があったりもしますね。 
 
せっかく区切りがあるので
次期の計画を考えようと思いつつ早数年。
惰性で仕事をしていました。
そろそろ経営に関する方針を考えた方がよさそうな文盛堂ですが、 
惰性で仕事をしていた結果、成長しなかったのでしょうか。
惰性で仕事をしていた結果、今までなんとか存続できたのでしょうか。
卵が先か、鶏が先か。の論になりますね。
 
成長できなかったのが存続できたのかな。
 
政府的には経済成長を促しています。
それは日本全体のことであって、
大企業は成長を続けているようです。
大企業が成長すれば経済成長をしたことに数字的にはなります。
その裏で小規模事業所の成長は上手くいっていないのが現状です。
 
政府が掲げた方針は方針として、
小規模事業所はその方針に乗っても上手く機能しないのではないかと
最近感じています。
小規模事業所を上手く成長させるには
じっくりと時間をかける必要があります。
資本力のない小規模事業所は急成長は危険です。
自己資本の成長には限界があり融資で成長するしかないからです。
   
理想は自己資本のみで経営をできればいいのですがね。
それはみんなが苦労している部分で簡単なことではありません。
自己資本比率を上げる努力をしています。
その方法は少ないアイディアの1つとして、
急な成長を諦める事です。
 
えー、と思われると思いますが、 
成長は大企業に任せるのです。
前向きな考えではありませんが一つの考えです。
規模の成長を抑え、密度の高い成長に切り替え変えるのです。
投資は続けなければいけません。
あくまでも理想です。
  
規模を大きくするのなら自己資本比率を上げた後、
融資を受けながら、
どこかで成長のタイミングを狙うのです。
急成長はいけません。
 
会社の使命は存続だと思います。
無くなってはいけません。
小規模事業所の急成長は自己満足です。
社長の志は大事ですが、
昨今の消えゆく会社を見ていると
悲しい思いになります。
全ては存続からです。
 
じゃあ.

過去がやってくる

よく、若い頃の恥はかいておけ!と耳にします。
若い頃に限らずいつでも恥はかいておいた方がいいと思います。
「恥」という言葉はここで「経験や体験」と捉えていいと思います。
恥は、できるだけかきたくないというのが人情です。
しかし、経験や体験と捉えれば前向きに挑戦できるのではないでしょうか。
 
宴会で芸をする人はホントすごいと思います。
いつかは宴会芸ができるようになりたいものです。 
新たな趣味を始める人。新たな仕事にチャレンジする人。
当然、初めは上手くいきません。上手くいく訳がありません。
仮にうまくいっても単なるビギナーズラックで長くは続きません。
 
何事もそれなりになるには時間がかかります。
幾度と失敗を繰り返し会得するものです。
それを避けていては何も起こりません。
簡単に行けば誰でもスター。それは夢の話。
 
人は、だいたい自分の思い通りになるところに身を置いて保守的に過ごしたいもの。
一番楽ですからね。
そんな状態が続き気がつくと陳腐化しどんどん廃れていきます。
常に状況をベターにしておかないと行けません。
それには新しい経験と体験が必要なのです。
 
未来はすぐに過去になります。
過去はやってくるという人もいます。
そのためにもいろいろなことにチャレンジし知識と情報を蓄え、
「できる人」になれるよう準備しなければ行けませんね。
 
会社にも同じで今のままでいると陳腐化します。
あの時は良かったと過去に浸っても何も起こりません。
過去は未来にあるのです。
 
じゃあ.

雪国の仕事、半ドン

雪が積もりました。
朝から除雪機が動いて騒がしいです。
夕方、仕事が終わるとまっすぐ家に帰りたくなります。
そうなると夜は車の通りが少なくなっています。
寒いので早く家に帰って温かいご飯を食べたいですね。
ゆっくりとお風呂に入りたいと思います。
 
雪が降ると車の運転も事故を起こさないようビクビクしながら運転します。
嫌なものです。
そんな状態だと車社会の地方都市は外に出るのが億劫になるのです。
外出お控えると当然景気は落ちますね。
いいことないですね。
 
仕事の方もドカ雪が降ると駐車場の除雪が追いつかなくなりますし、
JRも動かなくなります。当然、営業開始時間が遅れてしまいます。
営業職は外出が億劫になります。
どうしてもという事でなければ無理して遠くに出かけない方が賢明です。
 
一層のこと仕事が動かない1月は週休三日が可能かもしれません。
もしくはどこか一日は「半ドン」でもいいかもしれません。 
忙しい時はガッーと働いて、
そんなに忙しくない時はガーッと休む。
どんな時でも8時間働く意味がわかりません。
多分ITも普及していないその昔、
どこかの誰かがやっているから8時間勤務がカッコいいんじゃないの?
そんなことが切っ掛けで日本中に広まったんじゃないでしょうか。
 
文盛堂も週休二日、プラス1月は週のどこかで半ドン。
働き方革命の一助になるのではないでしょうか。
  
ところで半ドン!?って。
 
調べました。
「半日」と「ドンタク」を合わせて半ドン。
ドンタクとはオランダ語で休日、日曜日を意味するそうです。
「博多どんたく」もここから来ているそうです。
 
じゃあ.